万能?スッキリ洗剤

こんだまたなんばつくりようとね?(今度はまた何を作っているのですか?)
....と家族から白い目で見られつつ、最近ネットで見つけた動画を元に「万能洗剤」を作ってみた。鍋の焦げがスッキリ落ちる-とか色々言っていたが、実際使ってみると「万能」と言うほど劇的な効果が感じられるほどの物でもなかった(...のには理由がある)。
作った洗剤を「万能」と呼べないのには訳があって、私が見た動画ではそれぞれの分量が曖昧で、相当適当に作っている感じだったのだ。それ以外の動画も見てみたが、同じ作り方の物はほとんど無くて、分量もだいぶ違ったり他の物を入れたりするものもあった。それで私は、最初に見た動画を参考に、自分の見た感じでこれくらいだろう、ということで作っている。なので、効能は「万能」とまでは言えない感じなのだ。でも、かなり気に入った点があったので、これからは分量を変えながら試しつつ、この洗剤を使っていこうと思っている。

材料/
・台所用洗剤/1カップ
・水    /1カップ
・塩    /大さじ1(または2)
・重曹   /大さじ2

水と洗剤は、カップ1:カップ1の分量だったが、そのカップが何CCと表示されなかったので、一応1カップは200ccでしょう!ということで200ccにしている。(外国のチャンネルで計量カップを使ってなかったのだ!)
※ある動画では500ccで作っているのもあった。
これに、塩/大さじ1(2という動画もあり)、重曹/大さじ2(1という動画もあり)をそれぞれ加えてよく混ぜるだけだ。

台所用洗剤、重曹、塩
画像の説明

画像の説明

良く混ざったら、水と同じだけの台所用洗剤(200cc)を加えてよく混ぜ、ポンプボトルなどに入れれば出来上がり。
※実際、投入の順番は、洗剤、水、塩、重曹のどれが先でも後でも構わない。溶けやすいかな?と思うので水を先にしただけだ。

画像の説明

完成!
画像の説明

使い方は、食器用洗剤と同じだ。これをスポンジにつけて、普通に食器や調理器具などを洗うのだ。私が使ってみて、普通の食器用洗剤と違うと感じる点を挙げてみよう。

  • 泡切れが良く、食器がいつまでもヌルヌルせず、流水ですすぐ時間が短くなり、すぐにすっきりと洗い上がる。
  • プラスチック系のもの(タッパーなど)は親油性が高く油を取り込みやすい性質をもっているので、油分をぬぐうためには、強力な洗剤=界面活性剤の力が必要だが、これもベトベト感がスッキリなくなる。
  • 重ねガーゼなどのフキンも、洗剤をつけて洗った後のすすぎでいつまでもヌメリを感じるが、それがほとんど感じること無く、すっきり落ちる。

私は、成分の効能とか全く知らないので、どの成分がどんなふうに効いているのかなどはわからない。ただ、使った感想はとにかく「スッキリ感」だ。これからは、スッキリ洗剤と呼ぶことにしよう。
他にもこれらの材料に、「酢」を加えたり「歯磨き粉」を加えるというのもあった。それはまだ試していないが、今のところこれで満足している。


※作りたい方は、自己責任でお願いします。
(自分で調べてみると、お好みの作り方が見つかると思います。)


コメント


認証コード8998

コメントは管理者の承認後に表示されます。