ムクの手術とその後

11月に入っていろいろなことがあったのだが、なかなかブログを書く時間が取れず、今日になってしまった。記事は前後することになるが、まずはこのことを書かなければなるまい。ブログUPが遅くなった最大の理由だ。
去る11月5日は、我が家で初めての家犬(室内犬)ムクの手術日だった。
数日前から、家族全員に「手術、頑張れ!」と言われ続け、何となく私たちの不安を察したのか、前日は少し元気がない?と思えるムクだったが、手術はうまくいって「尿石」は取れたが「停留睾丸」と思われていたのは「脂肪腫」だった。それがあった場所も大きさも「停留睾丸」と思われても仕方ないものだったようだ。最初にムクを保護した友人が連れて行った病院の先生が「去勢されていない」と断言されたので、私たちが引き取った後に連れて行っている病院の先生にそのことを伝えて、では石を取る時に一緒に見てみようと言うことになったのだった。果たして、どこを探しても睾丸らしきものはなく、去勢済みだったようだ。まあ、はっきりしたので良かったのだろうと思う。

ムクは手術日当日の夕方には、連れて帰ることが出来た。迎えに行ったら、自分で歩いて出て来て小さくしっぽを振ったので、少しほっとした。しかしかなり痛そうで、小刻みに震えていたので、車の中でも娘がずっと抱っこして帰った。
帰って、とりあえずいつも寝ている1Fリビングの椅子の上に寝かせたが、痛くて動けないようだった。顔をのぞき込むと、涙目になっているような....

画像の説明


この日の夜は、とにかく震えながらじっと寝ていた。痛いからと言ってクンクン鳴いたり吠えたり(痛くて吠えられないか!)もせず、ひたすら耐えているようだった。先生から「2~3日は血尿が大量に出るかもしれないので、驚かないように。また頻尿にもなることもあるので注意するように。」と言われていたが、その晩にしたおしっこは1度だけで、大量のおしっこにはほとんど血は混じっていなかった。

画像の説明

2日目/翌朝からご飯も水も普通通りに与え、化膿止めや痛み止め(だと思う)の薬も与えて、安静に過ごさせた。エリザベスカラーが邪魔なのと、痛みでまだ階段をうまく上れないので、抱きかかえて1階2階を移動しなければならなかった。痛みからきたと思われる震えは止まって、少し元気になってきたようだが、まだかなりおとなしくしていて、娘になでられてじっとしているムク。ムクの吠え声を聞かないのは我が家に来てから初めてのことだ。

画像の説明

3日目/エリザベスカラーに慣れてきて、カラーの縁をぶつけずに階段の上り下りもできるようになり、コンサバトリーの日向で眠るムク。もともと活動量が多い犬なので、こんなにじっとしているのは久しぶりだろう。日にも当たりたいよね。

画像の説明

4日目/2日目頃から、傷口を舐めたくて、舐めたくて...でも届かない...。でも、舐めたい!それで、無理をするせいで、エリザベスカラーの縁が脚に当たって赤く腫れてきていた。それでも舐めたい気持ちを抑えられないムク。更に舐めようとするとけがをしそうだったので、ソフトタイプのエリザベスカラーを注文してやり、この日に届いたのがこれだ。

Komii ビーズ エリザベスカラー/ひまわり型/M

色々探したが、(商品名はひまわり型とあるが)ちょっと恥ずかしい「ポンデリング」タイプのエリザベスカラーだ。見た人はみんな笑うけど、かなりの優れものだ。小さく見えるが厚みがある為、傷口までギリギリ届かないし、どこかに引っかかっても痛くない。最初は固まっていたムクだが、すぐにその快適さを理解したようだ。

画像の説明


眠るときはあご乗せ(枕)になってSo good! 別名「どこでもまくら」と命名しよう。

画像の説明

この頃には、傷口もきれいだし、内出血も軽くてムクもずいぶん元気になってきた。しかし、抜糸まではムクが「自分で抜糸」しないように注意しておかないといけない。
ちなみに、取り出した結石は3個で、一番の大きいのでも8㎜程度のものだったが「シュウ酸カルシウム」だった。薬では溶かせない、やっかいな石だ。今週末に抜糸が済んだら、今後の食事療法について指導を受けることになる。何も知らずに爆睡しているのはムクだけだ。

画像の説明



コメント

  • 萩尾さんはスーパーウーマン

    昨日(11/11)パーチメントクラフトのミニ額が届きました。

    初めてパーチメントクラフトを見たので、これは、何からできてるのかしら、とじっーと見入ってしまいました。

    私のもとに来たのは、ちょっと濃いめのターコイズブルーの台紙に、レース編みのドイリーのようなものが置かれ、真ん中をルビーで締めていて、クラッシックな感じのする素敵なミニ額でした。
    さっそく下駄箱の上に飾りました。見れば見るほど素敵です。ありがとうございました。

    11月5日は、ムクちゃんの手術、11月8日にはプレゼントの発送、11月11日はブログのup、
    さらに、毎週、決まったレッスン等があり、ただただ、萩尾さんのスーパーウーマンぶりにびっくりしています。
    プレゼントに応募したことで、萩尾さんの忙しい日々を垣間見ることになりました。

    萩尾さんのブログは、他の人と違って、はるかに時間がかかるのでは、と思っています。その最たるものが、”手作りもの”だと思います。写真はもちろんですが、サイズを明記したりして、分かりやすく、丁寧に説明しています。
    また、ブログの扱う内容が多岐にわたっているので、本当に面白いのです。
    萩尾さんのブログを楽しみにしているのは、私だけではないはず。ただ読むだけでコメントを送らない人は、大勢いるはずです。

    これからも萩尾さんのブログ楽しみにしています。



  • Re:

    >>1
    すみれ様

    残念賞ご当選、おめでとうございました。
    お手元に届いたようで、良かったです。

    パーチメントクラフトの材料は「紙」です。
    厚手のトレーシングペーパーのような素材で、
    レースのように見えるように細工するのがこのクラフトの特徴です。
    記事が前後しましたが、今日お送りした残念賞なども含めて、
    プレゼント内容のブログをUPしていますのでご覧下さいませ。

    また、なんだか、私のことをものすごく過大評価?!して下さって、
    「ありがとうございます」と言うのもおこがましいです。
    でも、そんな風に感じて下さる方もおられるのだな、と思うと
    改めて、「ブログ、真面目にやれ!」って感じですよね。

    でも、思っておられるほど自分では大変ではなくて、
    時間もそんなにかけないようにしています。
    元々、物書きになりたかったので、文章を書くのは苦痛ではないですし、
    画像の編集などは簡単ですし、このHP自体も自分で作っているので、
    慣れたものという感じでしょうか。

    なので、気楽に読んで頂けたらうれしいです。
    今後とも、Parchment studio T と、「がめらのかめら」を
    よろしくお願い致します。ありがとうございました。



認証コード1915

コメントは管理者の承認後に表示されます。