2024春・日陰のバラも美しい..

私は、あまり濃い色のバラや派手な色味のバラが好きではない。これまでオープンガーデンに来られた方も、申し合わせたように「淡い色のバラが多いですね」と言われることが多かった。自分好みの「淡い色のバラ」は、当然欲しくなり優先的に買ってしまうので数が増えてしまう。これはもう「好み」という理由だけで買うが、しかし濃い色のバラを植えていないわけではない。濃い色のバラは「庭の配色」として買うことが多い。と言っても「濃い色」にも好みがあり、結局濃い色のバラも同じような色になってしまう。それは「深紅」と言えるような色が中心だ。「差し色」として植えている面もあるが、ものすごく気に入っているバラもある。我が家の「差し色のバラ」もだんだんと咲き出した。

花炎/緑色が混ざる濃い紅色のクレマチスも咲き出した
画像の説明

濃い色のバラは日当たりが悪い場所に植える、と決めている。
まず日当たりが良い場所に植えると、色あせ?色飛び?して美しい色ではなくなる。
また日当たりの良いところに植えて、もし花数が増えると強い色の塊がその場所を占拠してしまうのが嫌なのだ。濃い色は緑の中に点々と少なめにあるのが良いと思うからだ。


日陰に植えた赤いバラ達

ルージュ・ピエールドロンサール
画像の説明


オデッセイア
画像の説明


カントリーハウス
画像の説明


(ユーゲン・フルストになってしまった)バロン・ジロー・ドゥ・ラン
画像の説明


その他の濃い色のバラ

パレード
画像の説明


ソレイユ・ロマンチカ
つるミミ・エデンの名札が付いていた苗を買ったら、似ても似つかない葉と花が出てきて驚いたバラ。自分では絶対買わないバラだが、花径が小さいため庭にあるとちょっとしたポイントになる。
画像の説明


クレマチスとの競演が美しいバラ

モーヴァン・ヒルズとハロウ・カー
一緒に植えて3年?位。やっと良い感じで咲いてくれた。

画像の説明




今年は気温が上がるのが早いせいか、まだゴールデンウィーク中なのに、開花がどんどん進んでいる。オープンガーデンスタートの10日までにかなり満開になって、花が減ってしまうバラも出てきそうだ。


コメント


認証コード6040

コメントは管理者の承認後に表示されます。