2024春・バラが咲き始めました...

画像の説明

4月中旬頃から、ポツリポツリとフライングしたバラが咲き始めていたけれど、いよいよ5月に入り本格的にばらの開花時期に入った。クレマチスも美しく咲いている。

主人が難病になって早6年余り。今年の冬も娘と2人で手抜き工事ならぬ手抜き剪定と手抜き誘引で乗り切った。十分な手入れが出来ないまま春を迎え、暖かさが増してきた3月下旬にギリギリで何とか肥料を入れて、あとはもうバラにお任せという状況で現在に至る。
冬の庭仕事がまともに出来なくなり、バラの状態も悪くなる一方...と思っていたが、今年は何故か、非常に花芽が多く付いている。我が家だけでなく、他所でもそういう状況だと小耳に挟んだので、暖冬だったせいなのか?!、はたまた今年はバラの当たり年?!なんだろうか。


早咲きのバラたち

玄関前の植え込みで咲く、ウィンチェスター・キャシドラル。
去年11月に、この場所に長年植えていたトネリコを伐採して教室のサインボードを設置した。日当たりが良くなったせいだと思うが、たくさん花芽がつき、良く咲いている。

画像の説明

見事なカップ&ソーサーが美しい。
画像の説明

枕木に誘引している、セシル・ブリュネ。
我が家で減ってしまった一季咲きのバラ。残っているうちの1つ。
画像の説明

パット・オースチン
画像の説明

沢山のつぼみが付いているバラ

玄関前の通り沿い/
ブラン・ピエール・ド・ロンサール/ピエール・ド・ロンサール/イモージェン/ウェッジウッドローズ

画像の説明

庭の中央/ここもトネリコが植わっていた場所。トネリコがなくなって、アブラハムダービーも大きなつぼみがたくさん付いている
画像の説明

アンブリッジローズ
画像の説明


ため息が出る美しいバラ

こんなバラが自宅の庭で見られるのは幸せだ。冬の手入れが十分ではないが、今年も何とかバラとの暮らしを楽しめそうだ。

イモージェン/息をのむほど美しい!
画像の説明

マーガレットメリル/古い品種だが、花形も香りも抜群なバラだ。
画像の説明



コメント


認証コード7397

コメントは管理者の承認後に表示されます。