クレア・オースチン

オープンガーデンが終わって、2日ほどブログを休んだが、その間、何もしなかったわけではない。
オープンガーデンで少しでも花を見られるようにと、それまで何とか残しておいたバラを、ほとんど剪定しなければならなかった。もう明日には散る....位の状態で剪定した方が、花びらが散らからなくて良いのだが、日程の目算を誤ったのでオープンガーデンまではギリギリガマンしていた。来年はこんなことがないようにしたい!(と、毎年言っているではないか....!)
こんなことでは来られる方に失礼なので、オープンガーデンにあわせて来年は「開花調整」なるものをやってみようか...と思っている。と、いっても「バ組」のやる開花調整なので「もどき」になることは必至だ。過大な期待はせずに、来年をお待ち頂きたい。

今日は、まだ咲いているバラ「クレア・オースチン」を紹介しよう。
ちなみに、我が家には4本の「オースチン」がある-「パット・オースチン」「ジェーン・オースチン」「シャルロット・オースチン」そしてこの「クレア・オースチン」だ。
   注)「シャルロット」は、1993年作出当時はシャルロットと命名されていたが、 品種発表後に生まれた
      孫の名前にちなんで「シャルロット・オースチン」と改名されたらしい。

クレア・オースチン

クレアは、日本では非常に人気の高いバラらしい。私たちも、みんなが「クレア、クレア」と言うので、買ってみたのだが.....正直、いつ買って植えたかも覚えていない。多分...2012年のどこかで、だろう。実は去年もすでに地植えの状態で庭にあったのだが、名前だけは出てくるものの、バラリストにすら挙げていなかった。これまで、見るべきところがほとんどなかったからだ。我が家では、これまでずっと評判の悪い「クレア」だった。

今年はさすがに3年目とあって、咲いた.....。しかし、相変わらず我が家での評判はイマイチだ。 花保ちが悪いのと、線が細い-というか、だらっと咲く感じ。うな垂れて咲くバラは嫌い-という人は多いが、うちにはけっこう沢山あって、そう嫌いではない。でも、その中でもなんとなく咲き姿がイマイチなのだ。枝が、少し横張り性のようで、まとまらない気がする。しかし、こうして写真に撮ってみると、それなりに綺麗ではあると思う。年数が経って株が大きくなれば、また違うのだろう。

クレア・オースチン1

クレア オースチン
Claire Austin
作出/2007年イギリス;オースチン社
分類/S
シュラブ

習性/繰り返し咲き 
花径/9cm
花形/カップ咲き
樹高/1.5m
とげ/少ない
芳香/強香
性質/強い
淡いレモン色のつぼみが開くとカップ咲きになり、繊細さを持ったクリーミーホワイトの大輪となる....そうだが、うちのはそれほど大輪にはなったことがない。7~9cm程度だと思う。
花びらは円状に美しく並び、中心部は少しくずれた感じになる。強いミルラの香りと言われるが
「ミルラ」の香りがよくわかりませ~ん、です。

クレアオースチン

クレアには悪いことを随分書いたが、クレアは西日のガンガン当たる場所に地植えされている。
ここでこれだけ耐えている、ということはやはり「強い」のだろう。
細長い形で明るいグリーンの葉は、葉肉が薄い感じでいかにも弱そうなのだが、病気はほとんどなく、強健種と言われるのもうなづける。

クレアオースチン2

クレア・オースチン

コメント


認証コード3887

コメントは管理者の承認後に表示されます。