静かな庭、春の終わり

5月も半ばを過ぎ、すぐに6月。そしてすぐに梅雨がやってくることを思う。
昨年2月に業者の方に剪定してもらった庭木は、剪られた分を取り戻す勢いで葉を出している。それなりに剪定したはずで、しばらくは庭も日向が増えた状態で維持できるかと思ったが、今年はもう、ほとんど以前と変わらない「シェードガーデン」と言って良い木陰の庭に戻ってしまった。

また、昨年は庭で遊ぶリクの事を考えて、バラの消毒は薬剤を使うのをやめ、ニームオイルを使ってみることにしたのだが、日陰が多い我が家の庭では、ほとんど効果無し!で、正直見るも無残な状態だった。それで、来年はまた元のように消毒しようと決めていたので、暖かくなった4月から、もう3度消毒しているおかげで、地植えのバラの「葉」はそれなりに美しい状態だ。しかし、冬に何も手入れが出来なかったおかげで、花の数は少なく、我が家の庭は静かなものだ。ほとんどのバラは花つきが悪いが、元気なものもいくつかはある。

庭木の全景(5/22現在)
画像の説明

エゴノキ/ブナ/カツラ
画像の説明

エゴはこれでもかと言うほど花を付けた(4/30頃)
画像の説明


今、咲き誇っているバラ/ニュードーン

雑誌に掲載していただいた我が家のパーゴラを独占しているのは、施肥が遅かった(4月中旬)にもかかわらず、思い切り咲いている「ニュードーン」。他のバラがほとんど咲いていないこともあるが、庭の中で沢山咲いてもうるさい感じがしない色と花型が好きだ。

画像の説明
画像の説明


養生中の鉢バラ

地植えのバラは、手抜きの割にはそれなりに元気だが、鉢植えのバラはそうはいかない。バラを始めて、それこそ「初めて」鉢植えの土替えをせずにこの春を迎えた。ざっと剪定だけはしていたが本物の「放置」状態だった。それでも一応、暖かくなると芽吹いてくれたので、鉢に生えた雑草を取り水やりを始めたが、株が弱っているようでどれもこれもすぐに病気だらけになり、みすぼらしかった。今年はとにかく養生させようと最初から決めていたので、とりあえず病気の葉を全部むしり、有機100%の活力剤を与えて、一日中日が当たるデッキに並べて様子を見ている。やっと最近美しい葉が生えそろって、いくつか花芽も上がってきている。でも、新しいシュートが出るほどにはなっていないので、要観察だ。

画像の説明


静かにポツポツ咲いているバラ達

どんなバラも、あふれんばかりに見事に咲いてくれれば、どんなに美しいだろうと思うこともあるが、私は緑の中に花数少なめにポツリポツリとバラが咲いている方が好きだ。自分の庭の中に、ド!ピンクの大きな壁や、真っ黄色の壁があちこちに立っていたら、うるさいと思わないだろうか。毎年バラが咲くととても嬉しくはあるが、なぜか落ち着かない気持ちになるのも事実だ。花が散って、バラの豊かな緑の葉で庭が覆われると、穏やかな気持ちになる。ちゃんと咲かせられない者の負け惜しみかな....。

スピリット・オブ・フリーダム/ホワイトメイディランド
イモージェン/ザ・ウェッジウッドローズ
ソレイユロマンチカ/キズナ
パレード
ウィリアム・モリス/カントリーハウス
画像の説明
画像の説明



コメント

  • 綺麗に咲きましたね!

    いつも、ブログ楽しんでみています。よろしければ庭を見せてもらってもよろしいでしょうか?


  • Re: 綺麗に咲きましたね!

    >>1
    りんごもち様

    はじめまして。滅多に更新しないブログを見て下さっているとのこと、
    コメントもいただき、ありがとうございます。
    今年の庭は、お見せするには恥ずかしいほどの状態ですが、
    雑誌を見た方などからご連絡を頂き、おいでになった方もおられます。
    お近くの方でしょうか?ご覧になりたいようでしたら、
    日時等を打ち合わせできればおいで頂けます。
    HPのお問い合わせからご連絡頂くか、お電話でご連絡ください。
    よろしくお願いいたします。



認証コード9550

コメントは管理者の承認後に表示されます。