2019バ組の/冬来たりなばバラ遠からじ3

今日は昨日に比べてずいぶん暖かい感じがしたが、実際庭に出て作業してみると若干暖かい程度だったが、日差しがあったのがうれしかった。今日は夕方から出かける用事があるので、あまり手のかからない物だけ、出来る範囲で剪定・誘引しようということにしていたのだが....

アブラハム・ダービー

まずは、トネリコの株元に植えている「ダービー」を剪った。5年位前?頃から誘引するのをやめて、剪りつめて咲かせているのだが、さすがに大型のシュラブだけあって、毎年どこかしらしっかりしたシュートを出してくるので、数年前から1~2本だけはトネリコに絡ませて咲かせている。トネリコの日陰にもめげず、毎年良い花を咲かせてくれる優秀なバラだ。我が家では日陰に強いバラのトップだろう。画像では分かりにくいが、ちゃんと剪りました!

ビフォアー/アフター
画像の説明

ホワイト・メイディランド

次は、トネリコをはさんでダービーの反対隣にあって、オベリスクに絡ませている「ホワイト・メイディランド」。今年はこれにもテッポウムシが入って、太い枝が1本枯れている。

画像の説明


枯れた幹を地際から剪って枝を取り除くと、オベリスクに残っている枝はほんの少し....

画像の説明


....で、他のしっかりした枝2本は、横に設置しているフェンスの中を通ってしまっているという有様だった。
仕方がないので、フェンスから枝を抜こう!ということになり、フェンスの向こう側で枝分かれしているものはほぼ全てを剪って、枝を一直線にしておいてフェンスをとりはずすことに!

画像の説明


支柱のネジ止めをはずして、フェンスを持ちあげながら、枝を折らないようにフェンスから抜くことが出来た。

画像の説明


だいぶ枝を剪ったので、久しぶりにスカスカになったが、このバラは樹勢が強くて、どんどんシュートも出すので「今年は小さめに」という私達の思惑通りになって、ちょうど良かったと思う。

ビフォアー/アフター
画像の説明

グラハム・トーマス

これも、去年から誘引をやめて自然樹形で咲かせることにしたバラ「トーマス」。
去年あれだけがっつり剪ったのに、こんなにぼうぼうに伸びている。大型シュラブに「小さくなれ」というのが土台無理な話なのだろうが、誘引するともっと大きくなるので、今年も剪りまくっておいた。

ビフォアー/アフター
画像の説明

ストロベリー・アイス

「ストロベリー・アイス」これも樹勢が強く強健なバラだ。横張性で枝が暴れるので、いつものことながらできるだけしっかり剪っておいた。特に内向きの枝はできる限り剪って、枝が混みあわないように注意している。

ビフォアー/アフター
画像の説明


「ホワイト・メイディランド」にちょっと時間がかかってしまったが、とりはずしたフェンス(←)はとりあえずこのままにしておくことにした。ない方が手入れがし易いからだが、ないと困ることもあるかも....なのでしばらく保留にしておくことになった。

画像の説明


今日の作業は10時から始めて、昼食休憩を1時間挟んで、午後2時半に終了した。こんな調子でどこまで終わるのか心配だが、朗報もある。
今年から全国的に正月休みをとる企業(サービス業やコンビニなんかも)が増えたようで、娘の職場も正月1日~3日まで休みになった!おかげで庭仕事を手伝ってくれることになっているので、少しはスピードアップできるかなと思う。


コメント


認証コード8636

コメントは管理者の承認後に表示されます。