みようみまね/パンチニードル

コロナの前後で変わったことと言えば、ペット飼いの増加などいろいろあるだろうが、私が職業柄感じるのは、以前より手芸が盛んになったと思うことだ。これはあくまで私見だが、コロナ前は、習い事と言えばダンスやヨガ体操など、健康志向・フィジカル系の物が人気だったと思う。これらはコロナで外に出られなかった時でも、家の中で一人でも出来ると言えば出来るが、あまり楽しくはなかっただろう。でも、家で一人でコツコツ楽しむ手芸は、コロナ禍でブームを迎えるのは当然の成り行きだと思うのだ。
手芸はあまりに沢山の種類があるので、コロナ後にどんな手芸が人気が出たかなどと、決めることは出来ないと思うが、(私見では)多分共通しているのは、「それほど難しくなく、習わなくてもそれなりにできる」手芸のように思う。何せ、習い事にも出かけられなかったのだから、本や動画などを見れば「何となく出来る」もののはずだ。ただ、本当は簡単そうに見えても、極めるとなれば大半のものはきちんと習わないと出来ないと思うので、ここでは「簡単に始められそうな、取っつきやすいもの」と言った方が正しいだろう。

我が家のブーム
画像の説明

はやりのパンチニードル

私がそんな取っつきやすそうな「手芸」として、いつもの見よう見まねでやってみることにしたのが「パンチニードル」だ。最近は百均でも道具が売っているようだ。百均にあるのは流行っている証拠?と言っていいだろう。
なんか、「刺すだけ」みたいな手芸なので(すみません、ずっとそう思っていたもので...)正直、以前から知ってはいたが気にも留めていなかった「パンチニードル」。もう少し小物を作るなら、今は「フリーステッチ」というのもある。どちらも同じ物と思って良いようだ。
以前から、セールなどでコツコツと用具を集めていて、気が向いたらやってみようと思っていたが、先日近場の手芸店の閉店セールがあって、必要な物が揃ったのでやってみることにした。何せ、初めてやるので、専門家の「クローバー」さんのHPにある作品を作ってみることにした。デザインが気に入ったのと、幾何学模様なので練習にもなるかなと思いこれにした。
https://clover.co.jp/
手作りレシピ⇒刺しゅう⇒パンチニードル⇒「パンチニードルで作る 幾何学模様のマット」

見本写真/パターン図
画像の説明

マットなので、図案をA3サイズに拡大して作るという指示だが、そんなに大きな物は造る暇が無いので、逆に図案を縮小コピーし、B6位の大きさにしてやってみることにした。
指示通りの毛糸も買わずに、家にある物や似た色の百均の毛糸を使って、とりあえず練習するつもりでやってみることにした。

《道具と材料》

  • パンチニードルの針、針先各種
  • フリーステッチングフープ〈12・18cm〉
  • フリーステッチングスタンド〈12・18cm〉
  • 毛糸(各種)

※指示通りの毛糸を用意しなかったので、毛糸の太さも揃ってなかったため、太いものは撚りをほどいたり、細い物は2本取りにしたりして、針の太さも毛糸に適当に合わせて変えながら刺すことになってしまった。

画像の説明

百均で買ったパンチニードル用の布に、ダウンロードしたパターンをチャコペンで写し取る。昔々に買ったライトボックスがまだ生きていたので、久々に引っ張り出してトレースした。

画像の説明

実際にやって見ると、いけると思った百均の布は18cmのフープにはギリギリで小さかった(周囲の余白5cm位いるらしい)ので、百均のランチョンマットにトレースし直して刺している。説明書には、どこから始めるとか何の指示もなかったので、同じ色の部分をまとめて刺してみたり、隣同士を順に刺してみたり、いろいろやってみた。刺した側が裏で、ループが出来ている反対側が表になる作品だ。(逆になる作品もある。)

上(刺した側/裏になる)、下(ループが出来る/表)
画像の説明

とりあえず全部刺して出来上がったところ。

上/刺した側、下/ループ側
画像の説明

ループが飛び出しているところや、模様がきれいに色分けできていない所が出来ている。最初はこんなものか....?

画像の説明

この作品は、表側のループをカットしないままで良いらしい。作品の裏側に手芸用ボンドでフェルトを貼って、作品がほどけないようにすれば完成だ。布を作品より大きめに切ってフェルトの裏に挟み込む事になっているが、めんどくさいのでこのままにしてフェルトだけ貼ることにした。たまたま百均の「貼れるフェルト」があったのでこれを貼ってしまおう!

画像の説明

ちょうど、毛糸を入れているカゴに覆いがないので、これを掛けておくことにしよう。

画像の説明

クローバーのHPには他にも色々作品の作り方や、動画があるので参考にして「フラワーブローチ」というのも作ってみた。
https://clover.co.jp/
手作りレシピ⇒刺しゅう⇒フリーステッチング⇒「フリーステッチングニードルで作る フラワーブローチ」

花びらは刺繍糸で刺すのだが、今持っている色だけで刺したので微妙にチープな仕上がりだ。もちろんそれは、糸の問題だけではないだろう....、まあ、練習しないとうまくはいかないようだ。

画像の説明



コメント


認証コード8477

コメントは管理者の承認後に表示されます。