庭も幸せ、リクも幸せ....

昨日は嵐に近い風雨で、庭仕事はお休みだったが、今日は朝から良く晴れて、庭に出てみるとバラがまだあまり咲いていないおかげで激しい雨が降った割には庭はきれいだった。
今日は恒例の「バラの名札の書き」をする予定だったので、我が家の「バラリスト」を確認しながら、私は朝から名札を新しい物に書き替えていった。クレマチスや庭木などにも名札を付けるのが我が家流だ。ほぼ全ての植物に名札を付けながら、それぞれの調子を見ていくことも、また楽しい。

画像の説明



夫は草取りの残りをしつつ、今日はほぼ夕方まで、のんびりと庭仕事を満喫した。庭がきれいに整っていく時、植物も喜んでいるようで幸せな気分になる。

画像の説明
画像の説明

私達が庭に出る時は、リクも一緒に庭でずっと過ごしている。走り回ったり、草をカミカミしてみたり、道を通る人になでてもらったり、楽しそうに遊んでいる。いつもお散歩のついでに寄ってくれるご近所の犬友マリオ君との2ショット。マリオ君はブリーダーからの飼育放棄で保護された5歳・オスの保護犬。飼い主さんは、それまで飼っていた犬が亡くなってしまい、当時うちが保護犬のムクを迎え入れたことを知って、初めて保護犬を迎えることにされたのだ。マリオ君は、来た時はお散歩もしたことがなかったけれど、良い飼い主さんに愛情いっぱいにお世話されて、すっかり普通の生活ができるようになった。マリオ君が来た頃にはうちのムクが死んでしまい、その後リクと仲良くなってくれたのだった。リクはマリオ君のことが大好きだけど、リクがグイグイ迫るのでマリオ君は少し嫌そう。もう少し控えめに、近づこうね。

画像の説明


私はリクが我が家に来てから1つだけ悩み?があった。それは、リクが笑ってくれないことだった。こうして遊んでいる時も、うれしいご飯の時も、おやつをあげる時も、飛び跳ねたりして嬉しそうではあるのだけれど、どんなときもリクは「真剣勝負」といった面持ちで、喜ぶときも「真剣に喜ぶ?」みたいな顔つきなのだ。いつも口を真一文字に結んでいるので(↓)そう見えるのだろうが、いつか笑ってくれる日が来ますようにと、といつも思っていた。

画像の説明

ところが!何と!!!、娘がリクの相手をして遊んでいるうちに、リクが笑っているではないか!!! 単に暑くなって?口を開けてくれただけ?!....いやいや、笑っている!

画像の説明


思い切り遊んでもらって、ものすごく満足しているように見えた。リクは木の枝をもらってカジカジするのが好きなのだけれど、こんなに嬉しそうな顔を見たのは初めてだったし、むちゃくちゃ可愛い!可愛すぎる...!

画像の説明


ワンコを飼う理由はただ一つ!「ワンコを幸せにしてあげるため」だ。だから、まずワンコが幸せになってくれることを一番願っているのだ。ワンコが幸せになれば、人も幸せになれる。親バカと言われるほど、ワンコを愛してあげることが一番大切なことなのだ!
リクも「その通りだぜ!」と言っている。

画像の説明


もうリクも満10ヶ月になる。
最近は、家の中でも顔つきが一層優しくなってきて、ラブリ~!!!! 元気で、もっともっと幸せになろうね!

画像の説明




コメント


認証コード6288

コメントは管理者の承認後に表示されます。