バラを描く

来月9月1日は、この「Parchment studio T」のHPを立ち上げてちょうど1年になる。
確か去年の今頃「HP作ってみようかな~」なんて思いついて、どうやったら自分でできるか調べていたように思う。....ちょっと、ブログの最初の記事を見て見よう.....
.....!!? 何と、去年の今日!まさに8月14日に思いついた、と書いている!そ~だったか....私は、毎年同じ頃に同じようなことを考えたり、なんかかかんかと思いついたりしているのかもしれぬ.....
体質?なのか、鳥の渡りのような本能なのか?! 野生か!!? いずれにしろ、年は1つ取っても精神状態はあまり変わっていないということなのだろう....
とにかく!! HPは9月で1周年を迎えるし、奇遇にもこの9月から「このか教室」もスタートするし
.....「なんかしたい....」という思いつきだけが、少し前から駆け巡っていた。

ちょうど今週は少し時間がある。「なんかしたい!」の思いつきを膨らませて.....
たとえば「HP開設1周年記念パターン」....とか作ってみたらどうか.....と考えた。
それを作ってどうする!!?....という大きな疑問もあるにはあるが、とりあえずいいではないか....
オリジナルの作品を作ってみるのはいいことだ。

それで、モチーフに選んだのは「バラ」だ。
我が家のバラをパターンにおこして、作品にしてみようと考えた。

黒真珠

我が家のバラは、花弁数が多いロゼット咲きのバラがほとんどなので、正直、
描きにくい。春から撮りためた写真を見ながら、(...まだバラリストにUPしてないバラが....*o*;)などと思いつつ、選んだのは、これ!

黒バラの代表とも言える「黒真珠」。

この写真をベースにパターンをおこしてみる....

黒真珠 (2)

















このパターンでどんな作品になるか、とりあえず作ってみることにしよう。

トレース

いろいろな作り方があるが、とりあえずはホワイトエンボスで作ってみる。

パターンにパーチメントペーパーを留めて、ホワイトペンシルで
パターンを全部トレースする。








ちゃんと描けているか、描き残しはないかなど、時々確かめながら描いていく。

なんか「手」が怖い....








全部トレースし終わった。

アウトラインのエンボス










パターンからはずし、裏からスティルスで、ホワイトペンシルでトレースした線を、ごく軽めになぞるようにエンボス。










スティルスでのエンボスが終わったら、表のホワイトペンシルの線を消しゴムですべて消す。



スティルスでのエンボスし忘れがないか確認しながら消していく。



ホワイトペンシルの線が残っていると、それが邪魔になってこのあとのエンボスがしにくい。



全部消し終わったところ。
このラインに従って、エンボスしていく。

完成





色々なエンボスペンを使って、
陰影をつけるようにエンボスしていく。

これはホッケースティックで全体にベースの陰影をつけているところ。




これらのエンボスペンを使って、エンボスし終わった。

(順不同)
ホッケースティック
エンボスペンLL
エンボスペンL
エンボスペンS
エンボスペンES
エンボスペンスティルス


ホワイトエンボスで仕上げた限りでは、なかなかいいのではないかと思う。
バラだけではどうしようもないので、これに合わせるものを考えて、「作品」に仕上げていくことにしょう。

そして、たいそうな作品「HP開設1周年記念パターン」として仕上がったら....どうしようかな....

フリーパターンとか....!!!??



●おまけ
 久しぶりのホワイトエンボス.....ちょっとこんなこともして遊んでみた。 水滴に見える?

画像の説明

コメント


認証コード9679

コメントは管理者の承認後に表示されます。