雨降って、私、固まる....

梅雨支度が早々に終わり、梅雨入り宣言もでたというのに、6月に入ってからお天気続きで拍子抜け。おかげで先週末は、枯れてしまった「ファンタン・ラトゥール」を撤去する作業ができたので、UPしておこう。

ファンタン・ラトゥールの撤去

テッポウムシに入られているのに気づくのが遅れて、3本あった古い幹のうち2本がだめになり、かろうじて生き残っていた1本に期待していたが、5月中も新しい葉が芽吹かず、もうダメだと判断して、先週末(6月3日)撤去した。

画像の説明

ひき抜こうとしたら根元からもげて、完全に枯れている。

画像の説明

全ての枝を取り除き、アーチの主がいなくなった。後任のバラは既にあるものの中からじっくり考えることにして、今のところは未定だ。

画像の説明

雨が降ってみんとわからんよね~

....そして、ついに昨日(5日)から雨が降り出した。今日も朝から断続的な雨で、梅雨本番という感じだ。今年は、あれだけ梅雨支度をバッチリやったので、結果やいかに!と楽しみでもあり、庭に出てみると....何と!!!?  雨降って、私!固まる....!!

雨降り前の元気なアナベル → 早めの「柵」ですっきり!
....で、雨が降ったら.....
画像の説明

がーっつ!!!、ひどい!ひどすぎますっ!
やっぱり!雨が降ってみんとわからんよね~、と言っていたのが現実となった!アナベルの為に、早めに「柵」をしたのに、あまりにもひどいこの倒れ方!
寝癖がついた頭みたいに、つむじからぱっくり分かれてぺちゃんこになったようだ。

画像の説明

夕方近くに雨が上がったので、例年のように支柱を打ち込んで、タイロープで花首を支えるようにして、何とか立ち直らせたが、結局いつものごとくびしょびしょになった。柵が低すぎるんやね~!

画像の説明

庭のバラたち

庭の手入れをしていると腹の立つことも多いが、うれしいことも多い。なぜか今年は、雨の季節になってから、沢山の花芽をあげてきたバラがあるので、まとめて撮ってみた。

レディーユーナ
摘蕾したほうがいい? 花芽つきすぎじゃない?

画像の説明

上/ラ・マリエ   下/いおり
「ラ・マリエ」は、花が遅い。 今年の「いおり」は絶好調。

画像の説明

ミミ・エデン
この前もUPした「ミミ・エデン」。まだ、うどんこ出ていないみたいだ。

画像の説明

ピエール・ド・ロンサール

オープンガーデンの時期からつい最近まで、沢山の花を咲かせていたロンサール。梅雨入り前に花柄を剪ってすっきりしたと思ったのに、またこんなに沢山の花芽が上がってきている。

画像の説明



本来「一期咲き」だが大株になると「返り咲く」と言われているロンサールだが、「秋に返り咲く」と思っていたので、毎年この時期に上がってくる花芽は、私が4~5月に剪ったブラインドの部分だと思っていた。
しかし、今上がっている花芽をよく見ると、一番花を剪定した枝(○は一番花の剪定部分)から上がってきているものがかなりあるようなのだ。いわゆる「二番花」というやつか?
うちのロンサールは「返り咲き」というより「四季咲き」のバラと同じペースで花芽が上がっている感じがするが、これが咲き終われば、もう秋までは咲かないはずだ。

画像の説明

画像の説明

まあ、これからまた咲くというのなら、大いに歓迎するが、雨の中で、ちゃんと咲いてくれるかは、咲いてからのお楽しみだ。
雨の季節はうっとおしいけれど、植物の伸長力や生命力をパワーアップさせる「雨の威力」を感じる時期でもある。


コメント


認証コード0567

コメントは管理者の承認後に表示されます。