お家で過ごそう/植木鉢をリメイク

バラを愛でている人は、植木鉢にも相応のお金をかけて素敵なテラコッタなどを使う人が多い。そうできればいいが、素敵な植木鉢は「高価」だ。できるだけお金をかけずにバラを楽しみたい「バ組」としては、どうしても植木鉢はケチらざるを得ないのが実情だ。それで今流行のミルクペイントで、ボロい(使い古しの)植木鉢を、時間の合い間を見つけてゆるゆると、リメイクしてみることにした。


1日目/5月3日:下塗り

リメイクに使う物は、古い素焼きの植木鉢(10号鉢/直径30cm、高さ27cm)と、ミルクペイントの「マルチプライマー」とプラスターメディウム(漆喰風)」、と刷毛だ。

画像の説明

マルチプライマーは、塗料をしっかり密着させるための下塗り剤で、使用方法の中に「吸い込みやすい多孔質面は水で薄め、2度塗りで仕上げる」とあるので、指定の希釈率20%で薄めてみることにする。この10号鉢にどれくらい使うのか分からないので、とりあえずマルチプライマー100CCと、水20CCを紙コップに入れて塗ることにした。

画像の説明

刷毛で全体にしっかり塗ってみたが、まだプライマーは半分以上残っている。

画像の説明

それで、他の植木鉢も塗ってみることにして、やはり使い古しのプラ鉢を2個持ってきた。いずれも6号鉢で、塗装後に陶器に見えることを期待して、表面に凹凸のあるものを選んだ。本塗りするプラスターメディウムは、プラスチックには塗れないのだが、このマルチプライマーを下塗りしておけば、塗れるようになるらしい。

画像の説明

これらを含めて3鉢にマルチプライマーを、間隔を1時間半程度をあけて2度塗りした。2度目の塗装が終わった頃には、外は雨になっていた。このまま一晩おいてしっかり乾かそう。

画像の説明


2日目/5月4日:塗装

翌朝、早速、テラコッタ風に仕上がることを期待して「プラスターメディウム(漆喰風)」で塗装することに。

画像の説明

植木鉢は一晩おいたおかげで、プライマーがしっかり乾いていてテラテラしている。

画像の説明

プラスターメディウムは漆喰風に仕上がるので、厚塗りして刷毛目などのテクスチャをしっかりつけた方がいいに決まっているが、1度目はとりあえず薄すぎない程度に全体に塗ってみた。

画像の説明

上は1回目の塗装後の様子。下は2時間くらい置いて乾かしてから、2度目を塗装したところ。ムラがないようにしつつもあまり厚塗りにはしなかった。このまま、また一晩しっかり乾燥させておこう。

画像の説明


3日目/5月5日:装飾と汚し

一晩おいて、3鉢とも良い感じに乾燥したのでこのままでも大丈夫だが、当初から計画していた最後の仕上げをやろうと思う。
色々考えたが「昔取った杵柄」ではないが、昔集めたクラフト用品を引っ張り出してきて、鉢の表面にスタンプをすることにした。

画像の説明

使うスタンプインクは「ステイズオン」のブラック。ガラスなどにもスタンプ出来て耐水性なので、これを使うことにした。いくつかスタンプを見繕って、こんな感じにしようとデザインしたのを元に、ぶっつけ本番で、スタンプしてみる。

画像の説明

鉢の表面が曲面なのでスタンプしにくいが、ブレたりかすれたりしてもこの場合は全然OKで、それも味!ということでスルーできる。いくつかのスタンプを組み合わせてちょっと良い感じのデザインになった。

画像の説明

こうしておいて、最後にやるのは「汚し」だ。耐水性の絵の具があるのでそれを使おうかと思っていたら、何故か娘がミルクペイントの「ホットチョコレート」という色を持っていたので、貸してもらうことに!「室内かべ用」?と、用途が全然違うがまあいいだろう。汚しに必要な物は大きめのスポンジだったが、使ってもいい(どうでもいい)スポンジの買い置きがなかったので、化粧用のスポンジを割り箸に挟み、ゴムで留めて使うことにした。

画像の説明

主人が、どうせ庭で汚れるんだから、わざわざ汚さなくてもいいのでは?と言っているのを無視して、早速取りかかろう。「汚し」は少しずつやった方がいいので、塗料もほんの少しでいいし、スポンジにもつけすぎないことが大事だ。ペーパーでスポンジについた塗料を拭き取りながら、少しずつ汚していく。10号鉢が出来たので、プラ鉢も汚しておこう。

画像の説明

汚したおかげで、安物のプラ鉢(というか、多分、買った苗木が入っていたタダ鉢だと思う)が、一見するとテラコッタにも見えそうな良い感じになった。
プラ鉢はどちらも表面に横縞と、縦柄の凹凸があったので、絵柄のスタンプはしないつもりだったが、あんまり良い感じになったので、文字をスタンプしてみようと思い立ち、だいぶ前に100均で買っておいたアルファベットのスタンプを使ってみることにした。

画像の説明

このスタンプは、文字が大きすぎて今まで使い道がなかったが、今回は丁度良い大きさだ。
木製のスタンプなので、文字の位置合わせが揃わないが、それはそれでご愛敬ということにした。文字の位置合わせをする道具も持っているが、そこまですることもないだろう。文字を入れると、更に良い感じになった!

画像の説明

後片付け/
こんなに散らかしてしまったが、 思った以上に、良い感じに出来て満足!
ステイズオンのインクはそのままにしておくと、スタンプのゴムを劣化させるので、使ったスタンプは、「ステイズオンクリーナー」できれいに拭き上げておこう。

画像の説明

今晩一晩乾かせば、全てが完全に乾くと思うので、明日以降、バラの鉢カバーにしてもいいかな~、楽しみ。

画像の説明



コメント


認証コード9498

コメントは管理者の承認後に表示されます。