停滞中....でも活動中!

このところ、ブログで色々なことのビフォアー/アフターを記事にしてきたが、ネットのニュース記事に、こんな言葉があった。
「世界は「B.C.」と「A.C.」で完全に変化した」(以下抜粋)

「B.C.」(Before Christ/キリスト前)は「紀元前」の略だが、フリードマン氏は「Before Corona(コロナ以前)」と「After Corona(コロナ後)」と言い換え、新型コロナウイルスがもたらした大きな変化について論じ...想像さえできなかった未知の感染症がもたらした社会の変化は大きく、今後ウイルスの脅威が去ったとしても世界が完全に元どおりに戻ることはないと指摘している..../ニューヨークタイムズのコラムニスト、トーマス・フリードマン氏の記事....だそうだ。

停滞中

私たちは戦後生まれで、正直このような「世界中、同じ理由が原因での緊急事態」に遭遇したことがない。戦争ほどの身の危険は感じない生活だとしても、生活の全ての面に影響が出ていることは否めない。夫も、今週から仕事は自宅待機(在宅勤務)となった。
戦争のような激しい音はしないが、静かに音もなく疫病は広がっているようだ。まだ、身近に感染した人はいないので、十分注意して生活したいと思う。
4月に入りすっかり春らしくなり、本来なら気分もウキウキの時期なのだが、今年は何もかもが停滞している気分だ。ムクも停滞中?

画像の説明

でも、活動中!

第1回目の消毒

世間はコロナで停滞しているが、そんな中で裏山は着々と工事が進み、森がなくなったおかげで、我が家の周囲一帯は着工以来とにかく風が強くなっている。バラも葉がしっかり展開してきているので、早く消毒をしなければと言いつつ、なかなかできなかった。やっと昨日、少し風が弱まったのを見計らって、今年第1回目の消毒をした。

画像の説明

庭木

庭の木々は今年も相変わらず美しい新葉を出して、庭に木陰を作ろうとしている。裏山に木がなくなって、鳥たちは別の森に住みかを変えたのだろうが、3月中は我が家の木々にウグイスが鳴きに来ていたので、今後も来てほしいものだ。

画像の説明

ふと、庭から外の景色を撮ってみると....今までとは全く違う景色に驚く。道路の向こう側の森がなくなり、山や住宅が遠くまで見える。

画像の説明

どれだけ変わったか、以前撮った画像と同じアングルで写真を撮ってみると....電柱や道路は一緒だが、全く景色が違う。この景色も、開発が終わって家が建てば、また見られなくなるのだろう。家の周囲は着々と変化(活動)しているのだ。

画像の説明

バラクキバチのピンチ作業

今年も、早々と活動中のバラクキバチが「ピンチ」しに来てくれている。来て欲しくないが、毎年来るので、どうしようもない。私がこまめにバラのピンチをしないので、毎年代わりにやってくれていると思うことにしている。バラクキバチは、芽の先端じゃないところをやってくれるので、ちょっとムカつくが仕方あるまい。しかし毎年、バラクキバチは誠意?も見せてくれる。どれもこれも手当たり次第に刺すことはしないで、「良い芽を沢山出しているバラ」に集中して、やってくれるのだ。今日は「グラハムトーマス」だけ!にしか来ていなかった。

画像の説明

裏山の工事

裏山の工事は4月に入っても着々と進んでいて、我が家の裏は切り株や廃土を撤去した後、かなり山が削られて広い道路のように整地され、連日トラックが切り崩した山の土を東の方の低い土地に運んで行って、埋め戻しが行われているようだ。

画像の説明



停滞?中

ところが、昨日はいやに工事の音がしないと思ったら、山のてっぺんに人だかりがしているようだ。何かが出てきたのか?....穴を掘っているようだ。女性もいるようなので工事ではなさそう....もしかして、発掘調査?

画像の説明

そう言えば....、着工前の説明の時に「この森の中には古墳がある」と言って図面を見せてくれた時には、図面には1個しか古墳の位置が書かれていなかったが、実際には大小4つあると言っていた。古墳と言うとたいそうだが、まあ、昔の人のお墓があるのだ。夕方まで色々やっていたが、最後はビニール袋に何か入れて、向こう側の切株の辺りに運んでいた。気がつくと、さっき掘っていた所にはブルーシートが張ってあり、もう誰もいなくなっていた。

画像の説明
画像の説明

考えてみると、工事の始めの頃にあれだけ木を伐って掘り上げていたのに、山の上の切株だけがずっとそのままになっていて、一向に掘ろうとしないので何故だろうと思っていたが、もしかすると、小高くなっている所にずっと残されているそれぞれの切株の辺りに、古墳があるのかもしれない。←これは私の勝手な想像!だが、想像するのも楽しい~。こんな時期なので、頭の中だけはフル活動していたい!と思う。

画像の説明

この程度の規模の古墳の調査は、銅鏡や勾玉でも出ない限りは、「掘って、写真を撮って、資料を作って終わり!」だそうだが、4つの古墳を調査するのに3~4ヵ月かかると言っていた。もしあれが古墳なら、これからしばらくは工事は停滞するのかもしれない。どうかな~



コメント


認証コード9601

コメントは管理者の承認後に表示されます。