小田原真喜子スペシャルワークショップ

台風が近づく9月3日、日本のカリグラフィーの世界では知る人ぞ知る第一人者、小田原真喜子先生が来福されて、ヴォーグ学園天神校でスペシャルワークショップが開催された。小田原先生にオファーされたのが私のカリグラフィーの先生であるY先生だったので、Y先生の教え子は優先的に参加することが出来、私もその恩恵にあずかれたのだ。
私は習い始めて間もない方なので、参加してもついて行けるか全く自信が無かったが、小田原先生の「書く」様子を直に見るだけでも必見の価値があるというY先生のお勧めもあり、参加させていただくことにしたのだった。

展示作品

会場では、小田原先生とY先生の作品が数点づつ展示してあり、講習会の前後やお昼休みに、じっくり見ることが出来た。作品の写真撮影は当然禁止なので、遠景だけ撮らせていただいた。

本で見るのとは違い、ペンや筆のタッチを直に見ると、そのすごさが私にも理解できた。誰かが「線に迷いがないよね~」と言っていたが、まさにその通りだと思う。さらに私が感じたのは、文字だけでなく、空間の捉え方が並の人とは違うということだった。言葉で説明するのは難しいが、とにかく素晴らしい作品を見ることが出来た。
この作品は、9月10日(土)まで、ヴォーグ学園天神校に展示してある。(詳しくは下記参照)

カリグラフィーで綴るサンキューカード ~ハート模様を添えて~

講習内容は、「カリグラフィーで綴るサンキューカード ~ハート模様を添えて~」というもので、初心者も含まれているので、誰でも取り組めるものということだった。
ペンの持ち方から、文字を書くときのポイント、色彩のとらえ方、描画の基本等々、私もすでにY先生に習ったことのある内容だったが、改めて講義を聴いて、大切な点をいくつも確認することが出来たと思う。
これは、講習時に小田原先生が説明をしながら実際に描かれたもののコピーだ。普通はコピーはもらえないのだが(誰かがおねだりしたのだと思う)小田原先生の許可が出て、全員がコピーをいただけることになった。

レッスン内容

講習の様子

講習は、午前10時30分から昼食1時間の休憩をはさんで、午後3時まで。
最初はみんな遠慮がちだったが、小田原先生の気さくなお人柄もあって、最後のほうはみんな思い切り質問したり、作品を手直ししていただいたりして、大満足の講習会だったと思う。

小田原先生のご様子を撮るのは良くないと思い、受講生が先生の周りに押寄せている所を撮らせていただいた。人だかりの中に小田原先生がおられます!

サイン入りブック

今回の講習時に、ヴォーグ社から出版された小田原先生の著書を購入すると、小田原先生がサインしてくださるということだった。せっかくなので、私も1冊購入してサインしてもらった。誰かが「家宝にします~!」と叫んでいたが、そういう思いになるのもわかる気がするサプライズだった。
先生のサイン入りで、私の姓か名のどちらか一方を書いてもらえるとのことで、私は「姓」にした。

サイン入りブック

作品

最後に、この講習会で出来上がった作品はこれ。
へたくそなので、あまり見せたくないのだが、
ちゃんと参加した証拠として、小さくUPしよう。

小田原先生、Y先生、お疲れさまでした。
教えていただいて、本当に良かったです。
ありがとうございました。







小田原先生の作品展示/~2016年9月10日(土)まで

場所/福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-12 南天神ビル 8F 
   ヴォーグ学園天神校
TEL/092-726-0330

    コメント


    認証コード9938

    コメントは管理者の承認後に表示されます。