大文字草/美川紅

夕食の準備で「生産者直売所むなかた物産市オアシス」に買い物に行ったら、店先ある花売り場で私のアンテナにピピッと引っかかった花があった。名前だけは知っていたが、じっくり見たのは初めてでこんなに素敵な花なのかと、つい買ってしまったのは「大文字草」だ。

実は売り場には、ピンクや白で花弁の形も様々な種類があったのだが、私はこれを選んで買って来た。ついでに、100均でワイヤーのラックも買って置いてみたら、結構似合ってピッタリだった。

大文字草

「大文字草」とは、その名の通り花が「大」の字に見えるところから名付けられた、ユキノシタ科の山野草だ。私はけっこう山野草が好きで、バラに手を出す前は、よく山野草を買って愛でていた時期もあったが、この大文字草は初めて買った。
この、濃い赤の花弁の中にさらに小さな白い花があるかのような「しべ」の部分が何とも愛らしい。蕾は丸くて、マッチの頭より小さい位の大きさだ。葉はユキノシタ科らしい肉厚の丸い葉でこれも美しい。いつまで咲くのかよく分からないし、冬は地上部が枯れるらしいが、来年も咲かせられるだろうか......。

大文字草1

今は「大文字草」も沢山の園芸品種があるようだが、この品種名は、大文字草/美川紅 とある。
この花も素敵だが、買う気になった決め手は、この苗がコケ玉風に仕立てられているのが気に入ったからだ。コケは巻かれていないが、固められた土がむき出しで皿の上に据えてある。
生産元のHPで調べてみたところ、「エクセルソイル」という自社開発の土でコケ玉風に仕立てているのだそうだ。これがとても良い風情を醸し出していて、お気に入りになりそうだ。(以下、抜粋)

エクセルソイルとは、植物の生育に適した土を特殊な技術で固めた固化倍土のことです。土をしっかりと固めているので、上から水を与えても形状が崩れず、植物が育つ理想的な環境を作り出します。

大文字草2

コメント


認証コード0210

コメントは管理者の承認後に表示されます。