自家製化粧水

どくだみおくれ~! アロエおくれ~!

今日から西日本は梅雨入りしたそうな。
宗像も、夕方から雨という予報だったので、朝から庭のバラの多くを切って雨に備えた。他にも梅雨前に剪定したかった植物が多々あるのだが、間に合わなかった....。梅雨の合間を縫って、手入れをするしかあるまい。庭の手入れをしていると、裏庭などでちょこちょこ「どくだみ」が花を咲かせているのが目に付くようになった。....そういえば、もうそんな時期か....と思い立ち、....午後からは、外出したついでに近所の友人宅を渡り歩いて、「自家製化粧水」の材料を無心してきて、手作りの「化粧水」を作ることにした。バラを消毒するようになってからは、材料になる植物は、
ちゃっかりよそで調達することにしているのだ。

元々この「手作り化粧水」は、ある農家のおばあさんが作っておられたのを、私が教えてもらったのがきっかけだった。そのおばあさんは毎日畑仕事に出ているので、少し日焼けはしているが「シミ」がない!「シワ」もあまりない!!「わたしゃ、これ1本よ~!」と言っていた。

その当時、作り方を聞いて早速作り、友人達に「使ってみ~!」と言って配りまくったのだが、みんな「あやしい....!」と言って、最初はちっとも感謝されなかった。
私は「超・乾燥肌」で、夏でも調子が悪いとパサパサになるのだが、この化粧水でかなり良くなった感じがする。
さらに驚くのは、この化粧水をあげた友人の1人なのだが、その人は「超・脂性」だった。寝る前に石けんで顔をごしごし洗ってそのまま眠っても、翌朝は油でべっとり!何を使っても油が止まらず、化粧崩れがひどかったそうなのだが、この化粧水を使ったら、翌朝油が出ていなかった!!!!と衝撃の告白が!....「ものすご、良かった~!」と彼女が言い、乾燥肌の私も「良かっちゃない!?」ということで、「あやしい」から「良かごたあよ!」に変わり、今では知り合いのうち十人以上が使っていると思う。時々「ねえ、これ知っとお?良かよ~」と、私に講釈を垂れようとする者まで現れる始末。一巡したな~という感じだ。
この手作り化粧水は、似たような物を作っておられる方は多いと思うが、私の聞いた作り方を紹介しておこう。

どくだみとアロエの化粧水

化粧水の材料

●材料

 ドクダミ/ボール1杯
 アロエベラ/3~5本位
 焼酎/ごま焼酎「紅乙女」
    ¥1,880

正直、焼酎以外はものすごくアバウトな量だ。
私がおばあさんから聞いた時点でかなりアバウトだった。それで、この位か?!と適当に入れているのだ。

私の場合、どくだみの「ボール1杯」とは、3Lくらい入る台所用のステンレスボールに1杯位だ。

アロエはアロエベラがよろしい。
大きな葉なら2~3枚で良いだろう。小さい葉なら5~6枚というところか。今回のアロエベラは大きい葉だ。

焼酎は、おばあさんが使っていた銘柄を私も使っている。焼酎なのにけっこう高い-と思っていたが今は焼酎もブランドで、もっと高価な物も沢山あるようだ。
この焼酎は飲んでもうまい!

ドクダミの下準備

●ドクダミ

さっと洗って汚れを落とし新聞紙などの上に広げて乾かす。

乾いたら、葉だけをむしる。
茎についたままでも良いのだろうけど、土などが着いてくるとイヤなので、下の方だけはむしっている。先端のやわらかいところなどは茎もそのまま入れている。花が付いていても気にしない。

この状態で、ボール1杯位の量を使う。



アロエ、焼酎、ミキサー



●ミキサーを用意する

●アロエベラ
表面の汚れを、きれいに拭いておく。




●アロエを1本適当な大きさに切って、ミキサーに入れる。

●どくだみも、一つかみ入れる。



●ミキサーが回りやすくなるように、焼酎をカップ2杯程度/400cc位入れる。

●ミキサー/ON!
ぎゃ~ん!!!と回して材料が粉々になったらOK。

全部ミキサーにかける

●ミキサーにかけたものを、保存用のビンに移す。
焼酎1,800cc+材料になるので3L以上入るビンがよろしい。

●これを繰り返し、どくだみとアロエを全てミキサーにかける。
かけ終わったら、残った焼酎でミキサー内部の残りかすをすすぐようにして、すべて保存ビンに入れる。

※焼酎のビンは、水洗いなどせずそのまま取っておこう。化粧水が完成したら、このビンに入れて保存することになる。

終了/保存

●しっかりフタをして、冷暗所で3ヵ月間ねかせる。
作成日と完成日(3ヵ月後)を書いておくと良い。

3ヵ月たったら、最後の仕上げの作業がある。
ガーゼで内容物を濾して、グリセリンを加えなければならない。この作業は、3ヵ月後にまた紹介しよう。

これが完成すれば、浴びるように使っても1年以上は使える量の化粧水が出来上がることになる。
経済的だ~!


      それでは、3ヵ月間、おやすみなさい....

ご注意

※この化粧水を作ってみる方は、自己責任でお願い致します。効能は、個人的な感想ですので、お肌に合わない方もおられるかもしれません。

コメント


認証コード4730

コメントは管理者の承認後に表示されます。