悲願の「キカイモン」がやって来た!

画像の説明

 私は小さい頃から血行が悪かったのか、小学生の頃から肩こりだった。ランドセルをからって(背負って)肩がこっていたので、母親に揉んでもらうこともあった。
それ以来、ずっと肩こりに悩まされて大人になった。美容院に行って施術の合間に肩をもんでくれるが、「手ぬるい!」と思いつつ言えないでいる。
以前「五十肩」になって整形外科に行ったときは、リハビリ師の人に五十肩よりも「どうしたらこんなに肩がこるんですか?!ここまではめったにいないです!」と驚かれた。
肩こりと共に約半世紀を生きたが、やっと長年望んでいた「悲願のキカイモン」が、今日我が家にやってきた。もそれはもちろん!!「マッサージチェアー」だ。

マッサージチェアーへの思い...

 これを人んちなどで見かけると、「よかね~~、ね~~~~」と心で思いながら、「座らせてもらえませんか...」とも言えず、これまでずっと指をくわえてみているだけだった。
しかし、人んちのマッサージチェアーに「私は」もちろん座ったことがないが、その家の人もずいぶん長いこと座ったことがないのではないか、と思えるようなマッサージチェアーも中にはある。ずっとそこにあって、物置と化しているものもあり、もはや「椅子」でもなくなっているものもある。「揉み方」が人間のようにはいかないので、買ったけど「痛い」とか「あまり気持ちよくない」などという理由で使われなくなるマッサージチェアーは多いらしい。それなりに高価なものだと思うが、そこそこの値段を出しても結局「放置」することになるのは是非とも避けたい....、そう考えると、かなり高価になるだろうし、もしマッサージチェアーを買うなら「それなりのもの、気に入って長く使えるもの」という思いが長年あった。
 そういう思いがありながら、そしてこれだけ肩こりなのに、家電量販店などに行った時に置いてある「マッサージチェアー」にも座ることができず、今どきのマッサージチェアーが「どんなもんか」も知らないまま還暦を迎えてしまった私だったが、ついに!「マッサージチェアーに座る機会」が巡ってきたのだ。

スバラシ! 高速SAの「シャワーステーション」

 6月初旬に家族旅行に行った折(その時デジカメが壊れたのだった...)、途中、リーフの充電をするために停まった山陽自動車道上り線「佐波川サービスエリア」に「シャワーステーション」というのがあり、なんとそこに「無料のマッサージチェア」が2台もあって、しかも誰もいない!というラッキーな状態に遭遇したのだった!
 充電に30分かかるので、主人と私とで「座ってみよう!」ということになり、「今どきのマッサージチェアー」を体感してみたのだった。そのマッサージチェアーが高級品なのかどうかは定かではないが、昔々のマッサージチェアーとは違い、リクライニングして全身のマッサージをしてくれて、私たちはかなり疲れを取ることができたのだった。
 「今どきのマッサージチェアー」は自分たちが思っているより相当進歩していると知り、また、夫は私と違ってほとんど肩こりはないが、寄る年波には勝てず、庭仕事の後などには疲れが残るようになってきたことも手伝って、そろそろ買ってもいいのではないか...と思うようになったのだ。

前置きが長かったが、「マッサージチェアー」に関しては「悲願・念願」のキカイモンなので、少々長く書かせていただいた。

ファミリーメディカルチェアー3S匠 FMC-S8300E2

 旅行から帰って「あれ、良かったね~、ね~~!」と思いが募り、行きつけのエディオン宗像店にとりあえず見に行ってみよう-ということで、先週末行ってみると、ちょうどマッサージチェアーの所に専門の担当の方がいて、色々と説明をしてくれた。
 「揉みが強いのと弱いのとどちらがいいですか?」と聞かれたので、私はこりがひどいので「強いほうがいい」と言ったら、パナソニックのマサージチェアーに座ってみてくださいと言われ、しばらく色々と使ってみた。気持ちいい時もあったが、全体的には「痛い」ことが多かった。わかりやすく言うと「揉み玉」が当たる時、ものすごく固いもので押されているような感じだった。
それで、もう一台の「弱いほう」というのに座ってみたのがこの「3S匠」だった。
価格はどちらも同じくらいだが、「3S匠」は「揉み玉が固くて痛い」という感じはないし、なんだか揉み方が「芸術的?」というのか、パナのとは全く違う感じだった。それが「匠」ということか!?
買うならこちら!と思いつつも、説明を聞いたあといつものように一旦帰宅し、ネットで口コミを調べ、納得してこの「3S匠」にすることにした。

 待つこと1週間、今日夕方我が家にやってきた「3S匠」。トラックから降りてきたケースのあまりの大きさにビックリ!廊下からリビングに入れるならバラさないと入らない-とうことで、庭側の掃き出し窓から直接リビングに入れることになり、庭で荷解きをされて、鎮座している「3S匠」。
とにかくでかい! そしてなぜか、エジプトのミイラを思い出す私!???

匠

 掃き出し窓のすぐそばに置く予定だったので、運びこんでしまえばあっという間に設置してもらえた。私たちが選んだ「3S匠」は「メディカルチェアー」という名称がついていて医療機器扱いとなっているものだ。これは、そのリモコン。
上は「自動コース」で「全身疲労回復コース」「ストレス解消コース」「学習力アップコース?」「姿勢調整コース」の4つがある。
下のカバーを開けると「お好みコース」があり「ストレッチ」と「首・肩」がお好みでセットできるようになっている。
型番FMC-8300E2は、エディオンオリジナル商品で、エディオンモデルは特別コース「贅沢モード」というのがついている。各コースのボタンを2度押しすると、各部位のマッサージ動作を多く行ってくれるらしい。

コントローラー

 本体の色は、ブラック・レッド・アイボリーとあったが、大きな塊が部屋の中にあることになるので、圧迫感のないアイボリーにした。真っ白ではないし、部分的にベージュが入っているので「美しい」といっていい。なんだか「ガンダムのコックピット」を連想してしまう私だ。

匠1

まだ、1~2回使っただけだし、他のマッサージチェアーをほとんど知らないので比べようがないが、今はとにかく「気持ちいい」ということが言えるだけだ。詳しいことは、また後日レポしようと思う。

コメント


認証コード9681

コメントは管理者の承認後に表示されます。