Parchment studio T はパーチメントクラフトの教室です。

今日のバラの開花状況

今日のバラの開花状況

先週末にオープンガーデンしたが、お問い合わせやご要望があったため、今週末(明日20日土曜日のみ)もオープンガーデンをすることにしたので、この期に及んでではあるが、今日の開花状況をざっと紹介しておくことにしょう。

やっと咲き始めたバラ

パーゴラの主/ニュードーン

やっと咲き始めてくれた「ニュードーン」先週のオープンガーデンでは全く開花していなかったが、明日は満開とまではいかないが、相当きれいに咲いてくれると思う。この「ニュードーン」の開花時期にオープンガーデンを合わせようとすると、他のバラがかなり終ってしまう状況なので、毎年オープンガーデンの日程をどうするか迷ってしまうのだ。来年からは、2週に渡って行うのが良いかもしれない....

ニュードーン

マダム・アルディ

このバラも、先週は全く咲いていなかった。最も美しい白バラと言われる「マダム・アルディ」。美しい白バラは、近年たくさん作出されているのだろうけれど、それでも私達は何度見ても、やっぱりアルディが一番美しいと思う。

マダムアルディ

安曇野

玄関前で毎年頑張っている「安曇野」。先週は、ほんの数輪しか咲いていなかったが、今は満開で、ベストな状態だ。

安曇野

鉢植えのバラ

レディ・ユーナ

「レディ・ユーナ」は、けっこう花保ちが良いので、先週からまだ頑張って咲いている。

レディユーナ

ラ・マリエ

今年は少し開花が遅かった?感じがする「ラ・マリエ」。うちの株は、花数はあまり多くないが、次々と良く咲くバラだ。

ラマリエ

いおり

去年はいまいちパッとしなかった「いおり」。けして嫌いな花色ではないが、なんか地味で、目立たない存在だ。今年は存在感、出して欲しい!

いおり

デンティ・ベス

一重の大きな花が美しい「デンティ・ベス」。本当は「ジャクリーヌ・デュプレ」が欲しかったのに見つからず、しべの感じが似ているというだけの理由でこれにしたという経緯でうちにきたバラだ。

デンティベス

新顔のバラ

今年春に購入した新顔のバラ。まずタグを見ていただこう。

タグ

アリアドネ

「アリアドネ」。まだ良くわからないが、かなり強健な感じで、すでにシュートがびゅん!と出ている。タグ通りの咲き姿で、花色は何とも微妙....花形も整っていないが、でも、私はこういうのがなぜか好きで選んだバラだ。

アリアドネ

ライラ

アリアドネと共に購入した「ライラ」。これは夫の方が、付いていたタグの写真に惹かれて「欲しい!」と言ったバラ。ダリア咲き?と呼べるような咲き方だと思うが、今のところタグのような色合いは出ていないかな...。

ライラ

今年頑張っているバラ

ファンタン・ラトゥール

この前も紹介したが、近年まれに見る調子の良さで、うれしい「ファンタン・ラトゥール」。これまで、どんだけ調子悪かった!と言うほど、花が小さかったり開ききらなかったりした。今年はうどんこ病が全く出ていないのが幸いしているのだと思う。(黄色いバラは、グラハム・トーマス)

ファンタンラトゥール

ヘリテージ

2012年の年末に、庭工事のため地植えにしていた「ヘリテージ」を堀り上げたところ、テッポウムシにやられていたのに気づかず、瀕死の状態だった。以来、鉢植えのままずっと様子を見てきた「ヘリテージ」。年々少しづつ調子を上げてきたので、今年は地植えにしたら、かなり頑張って咲いてくれている。美しいバラだ、ナエマの片親だけのことはある。

ヘリテージ
ヘリテージ1

他にも、以前に紹介したバラに加え、グラハム・トーマス、シャルロット・オースチン、クレア・オースチン、絆、ミミエデン、バーガンディー・アイスバーグ、等々が咲いている。

コメント


認証コード9104

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional