2021春/新しいバラ達

去年から今年にかけて、沢山のバラを枯らしてしまった。20本近く枯らしたと思う。理由はいろいろあるが、言い訳がましいことは言うまい。ガーデンリセットの観点からすれば、本数を減らすことは想定内ではあったのでそれなりに諦めもついた。それでもあまりに減ったので、少しは新しいバラも入手しようということで、買ってきたバラを紹介しようと思う。

クリスティアーナ

ずっと気になっていたバラ「クリスティアーナ」。ツルバラだが、短く切っても咲かせられると聞いていたが、まさにそのように仕立てて咲かせている株を見つけたので買ってみた。別の株は枝を伸ばした株だったので、どちらでも咲かせられるのは間違いないのだろうと思う。

作出  2013年 ドイツ コルデス
系統  Cl クライマー
花色  淡いピンク
花形  カップ咲き
花径  中輪
芳香  中香 
香質  ダマスクにフルーツとパウダー
開花  繰り返し咲き 
樹高  1.8m


ドイツのバラは銘花が多いと聞くが、このバラもそうであって欲しいと思う。少なくとも花の美しさはピカイチだ。あとは育てやすさや、花後の状態などがどうかだろう。楽しみなバラだ。

画像の説明
画像の説明


ファイヤーワークスラッフル

たまたまお店で見つけてゲットした「ファイヤーワークスラッフル」。一目見て、「変わったバラ!」と強いインパクトを受けた。バラとは思えない、菊にもマリーゴールドのようにも見える花だ。

作出  2014年 オランダ インタープランツ
系統  FL フロリバンダ
花色  黄色弁先赤みがかる(夏は黄色単色)
花形  深裂弁ポンポン咲き
花径  中輪
芳香  中香
香質  ティー
開花  四季咲き
樹高  1.0m
樹形: 半横張り性


まだ、株が小さくて性質などはよく分からない。

画像の説明


ラ・ベル・ポー

枯らしたバラに「ジェーンオースチン」がある。冬に堀上げて鉢に植え替えたのだが、弱ってしまいこの春芽吹かなかった。お店でこの「ラベルポー」を見たときに、一瞬「ジェーン?」と見紛うほどよく似ていて驚いた。アプリコット色のバラが好きなので、ついつい目が向き、買ってしまった。河本さんちのバラは、美しいけど結構難しいバラが多くてうちではうまく育てられた例しがないのでちょっと迷ったが、頑張って育ててみようと思う。

作出  河本バラ園
系統  S シュラブ
花色  アプリコット・イエロー
花形  波状弁ロゼット咲き
花径  中大輪
芳香  強香/ティー
開花  繰り返し咲き
樹高  1.5m
樹形  半直立性


画像の説明



コメント


認証コード5900

コメントは管理者の承認後に表示されます。