我が家の裏庭事情#3

私は、そんなに暇ではない。毎日、裏山の造成工事を見張っているわけにはいかないのだが、今日は朝からあまりの轟音に外を見てみると、我が家に近い位置にある大木を倒そうとしていた音だった。太くて樹高もかなりある木が折られてこちら側に倒れてきたので、バキバキバキーッツ!と、ものすごい音がしたのだ。我が家の裏のフェンスにもう少しで届こうか、という位置だったのでちょっと怖かったが、大丈夫だった。こちら側から見るとものすごく近く見えるが、横から見るとそれなりに距離はあったようだ。
私は、そんなに暇ではないが、家の近くの工事が行われている時期は、何かあるといけないので、家にいた方がいいかもしれない、と思った。

画像の説明

やれやれと、部屋の中に引っ込んだが、しばらくするとまたバリバリ音。今度は何かと見に行くと、ショベルカーは竹藪の中に突き進んでいき、びっしり生えた竹を、ちぎっては投げ!ちぎっては投げ!(投げてません!ちぎったらこまめに片付けて)あっという間に藪だった所に、青空が見えるようになった。なんたる早さ!

画像の説明

午後からも、木を次々に倒しては山をくずし、どんどん様子が変わっていくのをついつい見てしまった。アームで押しただけで根こそぎ倒れている!完全に造成されてしまったら、もう前がどんなだったか思い出せないくらいに変わってしまうのだろうと思う。

画像の説明
画像の説明

犬の散歩で通る方は、森がなくなって鳥がかわいそうだ、と言っておられたが、別の方は見晴らしが良くなっていいですね~、と言っておられた。正直、森がなくなることでのメリットデメリットは、我が家にとっては半々だと思う。良い面も悪い面もそれなりにあることは否めない。まあ、それでも工事が始まってしまったからには、それを楽しむしかないだろう。
今日は、午前と午後(夕方)の画像を並べてみると、景色がすっかり変わるほど工事が進んだのがわかる。すごいもんです。

画像の説明



コメント


認証コード8944

コメントは管理者の承認後に表示されます。