2020バ組の/冬来たりなばバラ遠からじ7

冬の庭仕事7日目。今日を含めてあと残り2日で夫の冬休みも終わる。できる限り今日のうちに作業を進めておきたいが、あまりにも沢山の作業があるのでそう簡単にはいかないだろう。
しなければならない作業と、したい作業があるので、どちらを優先するかで進み具合も変わってくる。昨日、庭のあちこちの除草をして少しこぎれいになったので、その流れ?でか、主人が裏庭の草取りを先にしたいと言いだして、今朝は除草作業が中心だった。

裏庭のビフォアー/アフター
画像の説明

モッコウバラの剪定

主人が裏庭の除草をしている間に、私と娘は、裏庭の隅っこに植えた「モッコウバラ/白」が巨大化して手が着けられなくなっていたので(本当はこのまま咲かせてやりたかったのだが)太い枝を元から数本剪ってゴッソリと減らした。というのも、フェンスの向こうに見える藪は既に宅地になることが決まっていて、隣地の我が家も工事が入って、1年以内くらいにはここは駐車場になる予定なのだ。本当は去年の秋頃から造成が始まるという話だったが、延び延びになっているようだ。今度の春まで工事が入らなければ、花を見ることが出来るだろう。植えて最初で最後の花になるだろう。

ビフォアー/アフター
画像の説明

ガーデンリセット第2弾!

庭の南西の角にあるコーナーステージから西側の周辺は、「ユキノシタ」がはびこっている。花が咲くときは結構きれいだが、今の時期はお世辞でも美しいとは言えない。娘はこの状況が嫌いらしく、全部取ってしまおうと言いだした。昨日のフラワーボックス周辺のリセットがあまりにきれいになって、そのおかげでバラを2本地植えに出来たので、ここもリセットしてみることにした。草を取ったら、あ~、そう言えばこうなっていたのね!という感じだ。

(上)ビフォアー/(下)アフター
画像の説明

鉢植えのバラを地に下ろす#2

モーティマーサックラーの地植え

庭の西側がリセットしてきれいになったので、昨日どちらを地植えにするか迷っていた「モーティマー・サックラー」をここに植えることにした。入手してから今まで、ずっと鉢植えで玄関前に置いていたのだが、日射しが強いと花びらがチリチリになるのが嫌で、場所を変えたかったのと、去年招かれた知人の家で地植えのモーティマーサックラーが素晴らしかったのを見たので、出来れば地に下ろしたかったのだ。

画像の説明

マルガリータ周辺に地植えする

マルガリータ周辺のバラは、マルガリータ以外は全て鉢植えを置いている。シュラブなどの枝が伸びる品種を鉢植えにしているので、誘引もしなければならない。鉢植えのバラを誘引するのは大変だ。まず、前年の誘引をほどいて剪定し、土替えをしてからまた誘引、と言うことになるので、ものすごく手間が掛かるし、大きくなるバラが多いのでおのずと鉢も大きくなる。年々つらくなってきて、地植えにしたいと思っていたので、思い切って今まで鉢を置いていた場所に植え込んでみることにした。

植え込んだのは左から
ジ・オルブライトンランブラー、クラウン・プリンセス・マルガリータ、ブラン・ピエール・ド・ロンサール。
正直、今まで植え込まなかったのは、植え込みが近すぎるのでは?と思っていたからだ。50cm位はあいているが、こんなに近くに植えたことはないと思う。どうなるか!
マルガリータは、今ある株がかなり古くなってきて勢いがなくなり、花付きも良くないので、万が一のことを考えて去年新たな株を買ってきていた。どうするか迷っていたので、今回思い切ってそばに植え込んだのだ。

ビフォアー/アフター
画像の説明

パレードの剪定・誘引

パレードも、つるバラで鉢植えなので手間がかかるのだが、この辺りは植え込む場所がないので、このまま鉢植えでいくことにする。誘引をほどいて剪定、土替え、誘引をした。

ビフォアー/アフター
画像の説明

その他のバラ

画像は撮っていないが、この他に土替えを行った鉢植えのバラは、以下の通り。
真珠貝/せん/ジュビレ・ドゥ・プランス・ドゥ・モナコ/スティーレ・オットチェント/ファンタン・ラ・トゥール/

今日のムク

今日のムクは、連日の庭仕事に付き合わされているので、朝のうちこそ元気もあったが、庭で遊んでもらえるわけではないので退屈して、お昼には芝生の上でぐっすり寝ていた。
日に当たって気持ち良さそう!夕方、私たちの庭仕事が終わって「お散歩の時間」になると俄然元気になるムク。お散歩用のハーネスを着けてもらってご機嫌だ!

画像の説明

明日は連休の最終日!明後日から主人も仕事なので、明日は午前中のみの作業になるだろう。やり残した作業は、2月末までに順次終わらせていく予定だ。



コメント


認証コード6601

コメントは管理者の承認後に表示されます。