2020バ組の/冬来たりなばバラ遠からじ3

冬の庭仕事3日目。
今日は晴れの予報が出ていたが、朝のうちは今にも降りそうな空模様で、実際ほんの少し雨がぱらつくこともあったので、午前中にご飯の用意をすませようと、炊飯器調理でカレーを作って、今日・明日あたりの庭仕事に支障がないように準備をした。毎年この庭仕事の期間は、いちいちご飯の用意をしていられないので、炊飯器で煮込んでおけるカレーか、おでんか、そのあたりを作っておいて、庭仕事に集中できるようにしている。作業後も疲れているので、晩ご飯の用意なんかする気になれないのが現実だ。

ご飯の準備が出来、11時頃には日が射してきたので、早速庭仕事にとりかかった。

画像の説明


フィッカスの引っぺがし

明るい日射しで、庭のぼうぼうさがよけいに目立つ。今日は枕木周辺のバラの剪定・誘引をしたいのだが....、そのためには、今年も枕木に絡みついた「フィッカス」を引っぺがす必要がある。枕木にグリーンが絡みついているのは悪くないが、ここまでになると広がりすぎなので、絡みついた「フィッカス」を毎年この時期に引っぺがしている。枕木周辺を内側・外側から見たところ。いつものことながらものすごく繁っている。

画像の説明

ある程度は残すが、腰壁の当たりまで広がっているのは、面倒でも今引っぺがしておかないと、来年は大変なことになるので家族3人でとにかく、引っぺがす!まずは、外側(道路側)から...

画像の説明

外側のビフォアー/アフター
画像の説明

フィッカスは、内側からも引っぺがし作業が必要なので、結構大変な作業だ。2時間半位かかって、やっと終わった。

内側のビフォアー/アフター
画像の説明

引っぺがし作業が終わり、遅い昼食の後、娘は仕事で出かけたので、主人と2人で枕木周辺に誘引しているバラの剪定・誘引を行った。ムクは枕木の間から常に周囲を監視中。

画像の説明


つるセシル・ブリュネの誘引

「つるセシル・ブリュネ」は花茎も小さく可憐な一期咲きのバラだが、とにかく大きくなる。5m以上でも伸長しそうな勢いだ。今年も沢山シュートを出して、ものすごいことになっている(モッコウバラほどではないが....)。
トゲは多くはないが結構鋭いので、長い枝が絡み合って誘引に時間がかかってしまった。

ビフォアー/アフター
画像の説明


その他に誘引したバラたち

(左)シャンテ・ロゼ・ミサト/(右)フォール・スタッフ/
(下)ルージュ・ピエール・ド・ロンサール
画像の説明

今日の作業はここまでで、5時に終了した。枕木周辺で、今日誘引できなかったのは「ザ・ジェネラス・ガーデナー」だ。時間切れだったので、明日頑張ろう。



コメント


認証コード0863

コメントは管理者の承認後に表示されます。