梅雨支度と共に、犬来たり....

今年は、福岡(九州北部)の梅雨入りはかなり遅れているようで、今日の時点でまだ、梅雨入り宣言はしていないようだ。
今週初め頃から時間を見つけては少しずつ、梅雨を前にして庭の「梅雨支度」をしている。バラの花柄をできるだけカットしたり、混みあっている下草を剪定して風通しが良くなるようにする、といった作業だ。梅雨が来る前に、出来るだけのことはやっておかないと、植物にも自分たちにも良くない。雨の日の作業などまっぴらだし、梅雨の晴れ間は(多分)ものすごく蒸し暑いと思う。

梅雨が近づいていることを知らせるように「シャラ」の花が咲いている。

画像の説明

これからしばらくは、花柄の掃除が大変になる....

画像の説明

梅雨支度の作業の一つに、前から気になっていた「トネリコの剪定」がある。ここ2年くらい深い剪定をしていなかったおかげで、かなり大きくなっており、梅雨に入って雨を受けたら、又一段と大きくなるのは必至なので、今のうちにバッサリ剪っておこうと計画していたのだ。
それで今週、トネリコの剪定をしたのでその様子をUPしておこう。

トネリコの剪定

写真を撮り忘れて、剪定前の画像がないので5月のオープンガーデン前後のトネリコの様子を見るとこんな感じだった。庭の中央のトネリコは、カツラやブナと干渉するようにまでなっている。

画像の説明

今は成長期なので、梅雨の雨が来たらすぐに芽吹くと思うので、丸坊主にしてみた。
以前(勉強不足だった時に)落葉樹と同じように真冬にガッツリ剪定してしまったことがあって、かなり長期間丸坊主だったが、それでも枯れずにちゃんと芽吹いたので大丈夫だと思う。

画像の説明

玄関前のトネリコは人目につく場所にあって、電線が上に通っているので気になる....
(※これはオープンガーデンの時の画像)

画像の説明


これもいいか~!と丸坊主に!どのくらいで芽吹いてくるか、見ておこうと思う。

画像の説明

剪定後のトネリコ....すっきりしすぎ?
庭の中  /  玄関前
画像の説明

犬も来た....

実は、6月2日から家族が増えている。我が家にも犬が来たのだ。
過去、新築当時から犬を飼っていて、当時は共働きだったことと、1匹から増えて3匹になり、ずっと「外犬」で庭で飼っていた。
その子達が寿命や病気などでいなくなってからは、長いこと飼っていなかった。昔から「犬は外!」と思ってきたが、思い返せばもっと一緒にいてやりたかったという気持ちが私の中に強くあったので、この度は「家犬」として家の中で飼うことにした。家族全員(人間の方)が、生まれて初めての家犬経験なので、どうなることやら。この日は、トネリコの剪定に付き合わせて、庭で思いきり遊ばせた時の様子。名前はムクだ。「チャン付け」は無し!
プロフィールはおいおい紹介していこう。

画像の説明




コメント


認証コード9603

コメントは管理者の承認後に表示されます。