春分の庭

昨日は春分。いよいよ春本番という時期に来た。何と福岡では、東京と共に桜の開花宣言があり、何とも早い開花だ。この暖かさが続けば、これまでにない速さでバラも咲き始めるのではないかと、恐ろしくなる。
というのも、毎年鉢植えのバラには、芽吹き始める3月末頃に肥料を入れていたのだが、2月末頃から3月の早い時点でかなりのバラが芽吹き始め、早く肥料を入れてやらないと!と、気になり続けていた。しかし、お天気が良い日は用事があり、時間があるときは雨が降ったりで、庭仕事はほとんど出来なかったのだ。
昨日は久しぶりに時間が取れる予定だったので、絶対庭仕事を片付けようと言っていたら、朝から小雨。お昼頃にやっと雨が上がったので、庭に出ることが出来た。

ほとんどのバラがすでに葉を茂らせていて、早い物はもう花芽をつけている。これは「オルブライトンランブラー」去年は全然咲かなかったので場所を変えて見たところ、もう花芽が...

画像の説明

地植えのジェーン・オースチン(左)は、ものすごい勢いで葉を出している。
右/ミミエデンの花芽

画像の説明

こんなになってから肥料を入れて、遅すぎじゃないかと思うが、今更言っても仕方がない。今年どんな風に花が咲くのか、よく観察してみようと思う。
肥料を入れると言っても、鉢植えには去年からIB肥料(化成肥料)を入れているので、鉢にばらまけばいいだけだ。あとは、バーク堆肥でマルチングをしてやれば、大丈夫だろう。  

春分の庭

庭には、もういろいろな花が咲きだしているので、撮ってみた。

実はもう2月下旬からぽつぽつ咲き始めていた「シデコブシ」。すでにもう終わりがけなのだ。

画像の説明


門扉の横に鉢植えで置いている「利休梅」は咲き出したばかりだ。真っ白な花が美しい。

画像の説明


ラナンキュラス:ラックス/我が家には色違いのラックスが2つある。鉢に植えっぱなしで、多分今年でピンクの方が2年目、赤い方が3年目だ。球根は手がかからなくていいわ~。

画像の説明


ボンザマーガレット:マルコロッシ/真っ白なポンポン咲きだったはずが(画像では分かりにくいが)今年は何故か、中心は黄色、外側はピンクを帯びている。また真っ白に戻るだろうか?

画像の説明

いちいち写真を撮るのも大変だったので、全部は撮っていないが、他にもクリスマスローズやバイモユリなど、毎年おなじみの花があちこちで静かに咲いている。今頃咲く花は、ひそやかでやさしい花が多くて、好きな花ばかりだ。これから、バラの季節に向かって、庭の手入れもそれなりに忙しくなってくる。無理をせずにやっていこうと思う。



コメント


認証コード3456

コメントは管理者の承認後に表示されます。