リフォームの秋/レイナツインポートグランと、その後

昨日はカーポートリフォーム工事の最終日だった。枠組みは全て終わっているので、あとはポリカーボネートの天井を貼り、支柱などの周囲を仕上げるだけだ。

YKKap レイナツインポートグラン

新しいカーポートは、YKKap「レイナツインポートグラン/ハイルーフタイプ」だ。完成してから契約内容をよく見ると(あまり意識していなかったのだが)ハイルーフタイプを注文していたので、今までよりもずいぶん背が高いのだ、とわかった。
本体の色は家やフェンスの色から「カームブラック」とすぐに決まったが、屋根のポリカの色がなかなか決まらなかった。素材としては「熱線遮断ポリカ」で、色は2種類しか無いのに結構迷った。
「クリアマット」は薄いブルーに見えるさわやかで明るい(可視光線透過率76%)感じだが、体感温度は普通。
「アースブルー(マット調)」は濃いブルーでかなり暗い感じ(可視光線透過率16%)だが、体感温度は低く、夏は涼しいだろうと思う。
どちらにするかかなり迷ったが、結局「アースブルー(マット調)」に決めた。(名前だけ見るとどこかの「蚊取り器」のような名前だ!)さて、どんな感じに仕上がるのか、家とのマッチングは?
失敗か成功か?....とても気になるところだ。

朝9時前に部材が到着し、ポリカが荷下しされ、どんどん作業が進められていった。
ポリカ

予想通り「アースブルー」のポリカは、かなり色が濃い。でも、青の中でも「好きな青」だ。
ポリカ1

このポリカは透明ではなく、表面に「マット処理」が施されており、すりガラスのような仕上げになっている方が天井側になる。風雨で汚れが付きやすい外側は滑らかで、ビニールの保護シートが貼られていた。ネジ止めが終わると、ビニールシートが剥がされて、ツルツルの屋根になっていった。
ポリカ2

ポリカを貼り終わり、最後の仕上げ.....支柱の周囲をきれいに土間コンで仕上げる。
仕上げ

雨樋は、土間コンが固まるまで水が当たらないように、排水口の先に筒を仮に取り付けて保護してある。後日取り外すそうだ。なるほどね~。
仕上げ1

最後におまけの作業で、駐車場の両側にあるブロックにコーナーガードを取り付けてもらった。
前のカーポートは片側に3本の支柱があり、車のドアを開けた時いつも真ん中の支柱にドアの縁が当たるので、支柱にこのコーナーガードを取り付けていたのだ。新しいカーポートは真ん中の支柱がなくなったので、ドアが前よりも広く開くようになった。しかし、その代わりにブロック塀の角にドアが当たる危険が出てきたので、使っていたコーナーガードを取り外して、今度はブロック塀の角に貼り付けてもらったのだ。ブロックとゴムなので、シリコンで付けていただいた。快く引き受けて下さり、ありがとうございました。
保護用ゴムの取り付け

これで、遂に長年の懸案だった「カーポート」リフォームが終わった!!!
雑木もなくなり、これまでのように落葉や何かであんなに汚れることはもうないだろう。このままできるだけ手を入れつつ、きれいに使っていこう!と思う。離れて見ると濃いブルーも、カーポートの中から見上げれば美しいブルーで、とても良かったのではないかと思う。大満足の出来映えだった。
完成

結局、カーポートリフォーム工事2日目は午前中で全ての作業が終了した。結果をご覧いただこう。

ビフォアーアフター
ビフォアーアフター

....で、その後!!!!

.....で、業者の方も帰られ、色も形もバッチリだったし「あなうれしや!」と喜びつつお昼を食べ、満腹でうつら~~としている頃...... !?ガッシャーン!!!!!!!!!!!という凄い音!....と言っても、私は「うつら~~」状態だったので、よくわからなかったのだが、娘が気づいて部屋に駆け込んできた!
「おかあしゃん!!!!、ちょっと、ちょっと、ちょっと!!!! 来て、来て、来てっつ!」
こういう場合、大抵の人間は、だいたい3回同じ言葉を言うようだ。
「どした!?、どした!!?、どした!!!!???」と、私も3回言いつつ、外へ出てみると.....!!!
果たして!!、何と!ぶっとい(すごく太い)竹が、カーポートを直撃しているではないか!!!!! 
完成してまだ2時間余り、まだ支柱の仕上げの土間コンも乾いていないのに!

実は、隣地の地主さんが見苦しい竹をきれいにしようと、伐りに来ておられたのだった。我が家から10m以上は離れていると思うのだが、その伐った竹が、カーポートを直撃したのだ!!! 竹はカーポートの縁にガーンと当たり、先端はカーポートの中央よりも向こうまで達するほどの長さだった。
ひぇ~えっつ~!と青くなりあわてたが、地主さんが謝りながら下から竹を引きずり下ろそうとしていたので、それをおし止め、脚立を使って竹をそっと下ろすことが出来た。(大急ぎで外に出たので、竹の直撃の様子の画像はない。)ここにあった竹が直撃したのだ!
竹が!

正直その時は私もさすがに、ショックと怒りで言葉が出なかったが、悪気があってされたのではないことはわかっているので「とりあえず、どこかが悪くなっていないか、業者の人に点検してもらいますので....」とだけ伝えることができた。
ざっと私が見たところでは、竹が直撃した所が少し白くなっているが凹みはなさそうだった。ポリカの上は、さっきまで何もなく美しかったのに、竹の葉や他の木の葉が散乱して、あ~あ!という残念な状態だった。その後、雨が降り出してきたので、昨日はそのまま何も出来ず、点検は今日の午前中に丸善さんに来て見てもらった。業者の方も「昨日は帰って2時間もしないうちに電話が入り、驚きました~!」と言いつつ点検して下さった。

今朝は雨も上がり、写真が撮れる状態だったので被害状況を撮ってみた。
竹が当たった所も白くなっているだけで凹みはないし、ポリカも少し擦り傷はあるが、大きな傷はないとのことだった。「竹を引きずり下ろしていたら傷だらけになっていたでしょう」と言われたので、あのときそっと下ろして良かった!と思った。
あのときは、あまりのショックで落ち着いて考えられなかったが、一晩経てば「まあ、仕方ない」と思えるようになり、修繕は必要ないことを地主さんに連絡して、とりあえずこの件は終わりということになった。いや~、それにしても.....!驚きました!
被害状況

コメント


認証コード7021

コメントは管理者の承認後に表示されます。