洗エールレンジフードの洗浄/11回目(ダブル洗浄)とファンの様子

今月は「シルバーウィーク」があり休みが続くので、定期的に行っているキッチンの「中掃除?」も洗エールの洗浄も、その時やればよい...と横着構えて、洗浄ランプの点灯を1週間放置していた。思えば洗浄レポも残すところあと1回と思うと、最近の気の抜けた私の対応は、頑張っている洗エールに申し訳なかったかも...(かも!です。)なぜなら、洗浄ランプを数日ほったらかしていた位で
どうにかなるようでは困ります!と、自分を正当化しつつ、今日はいつもと違うレポをしてみた。

最初はいつも通り、排水トレーに出た汚水を確認し排水トレーを良く洗ってからセット。

洗浄

給水トレーに45℃のお湯を入れてセットし、洗浄ON!
洗浄1回目/相変わらず油がごっそり!     洗浄2回目/きれいになったのがわかる

洗浄1


さてここで、いつも溜まっている洗浄後の油を含んだ「汚水」はいつ出てくるのか、ずっと気になっているので、試しに洗浄後すぐにファンを「強」で5分間運転させてみることにした。果たして、結果は....5分後に排水トレーに出て来ていたのは、ほんの少し油分を含んではいるが、ほとんどさらっとした「水」が5ccくらいのものだった。

洗浄後


これにより「あの」汚水は、洗浄後から次の洗浄までの1ヵ月間、使用中に溜まった油分が流れ出してきているのだろうと思う。(....んなら、毎日出てるかどうか見てみればいいじゃん!と思うが、忘れるとよね~!)

それで今日は念のため、洗浄後の「シロッコファン」がどうなっているか確認してみることに!
ファンは狭い空間の中に設置してあるため、直接中を見ることはまず無理なので写真を撮ってみた。
何枚か撮ってみると、ファンの縁などはほとんど汚れがないのがわかった。ファンの中央に固定用の大きなボルトが見えるが、これが油で汚れているように見えたので、お湯で洗ったフキンを使い、手探りで拭き上げてみたところ、すっかりきれいになったようだ。(白枠の画像)
繰り返し掃除をすることを考えると、やっぱり「洗剤を使わない」掃除は絶対正解!だと思う。

ファンの中


洗エールは、ファンの掃除は機械が自動でやってくれるが、周囲は自分でやらなければならない。
私は、月1回は必ずレンジの周囲を掃除しているが、全て「お湯だけ」で拭き上げている。約1年経ってどうなっているか、見て頂こう。....ファンの周囲の狭い空間は、しつこい汚れがこびりついたりしている所もなく、1年前と全くと言っていいほど変わらない。ここの掃除も、うっすら表面に付着している油分をお湯で拭き上げるだけだ。きっと絶対どこかには油が溜まって、ドロドロベタベタになると思っていたが、こんなにきれいなままで使えるとは、正直思っていなかった。

周囲の拭き上げ後

画像の説明



レンジフードの外回りもお湯で拭き上げる。

「整流板」は内側がけっこう油汚れが飛んでいるので、台所用洗剤で洗うが流水で良く洗剤分を洗い流しておけばOK。これを取り付けて、洗エールのお掃除は完了だ!

楽して・キレイ~~~!




コメント


認証コード3259

コメントは管理者の承認後に表示されます。