雨に負けぬ花(バラ)

今年のバラ、特にイングリッシュローズは近年になく全体的に花数が少なかった。それ以外のバラは、例年並みといったところだったと思う。
それでなくても写真を撮るのがおっくうなのに、おかげで今年はバラの写真はかなり少ない。もうほとんどのバラは最盛期を過ぎ、終わるものは終わり、二番花の花芽を上げてきているバラもある-というこの時期になっても、「2015バラリスト」を1つもUPしていないとは...
今年は写真が少ないこともあるが、今までとは趣向を変えて、我が家にあるバラを今までの観察から(私見ですが)分類してみようと思う。今回はS&Gの「雨に負けぬ花」ならぬ「雨に負けぬバラ」をリストアップしてみた。      ※S&Gとは、サイモンとガーファンクル。古いね~!

雨に負けぬバラ/ホワイト・メイディランド/ストロベリー・アイス/絆

ホワイト・メイディランド

今まで育ててきたバラの中で、これほど雨に強いと思うバラはそうないと思う。
もちろん、開花後1週間以上経ったような古い花は、雨に打たれればそれなりに傷んだり散ったりするが、蕾や開花したての花は強い雨でも傷むことはほとんど無い。雨が上がって乾いた時に花弁が茶色になったりはしないのだ。
↓これはオープンガーデン(5/15)の時の雨にあった、ホワイト・メイディランド。
ホワイトメイディランド雨

ホワイトメイディランド



あれから何度か雨にあっているが、花弁が傷んだり形が崩れたりしないで1週間以上花が保っている。

(5/21の様子)

ホワイトメイディランド1
ホワイトメイディランド2


ストロベリー・アイス/ボーダー・ローズ

「ストロベリー・アイス」は別名「ボーダー・ローズ」とも呼ばれるバラで、現在、高価なバラではないはずだ。むしろ名札も、自分の写真ではないバラの写真にかろうじて名前だけは正しく書いてもらえた!という程度の扱いだと思う。しかしこのバラも、雨に強くて良く咲く優秀なバラだ。濃い照葉・花弁も葉も肉厚で横張り性-など、「ホワイト・メイディランド」と性質がよく似ている。

ストロベリーアイス
ストロベリーアイス1


去年購入したバラで、どんなバラなのかよくわからなかったが、とにかくよく咲く、雨に強いバラだということがわかった。「絆」も濃い照葉で花も葉も肉厚なので、雨に強いのだと思う。写真ではパーゴラの支柱に巻き付けているので背が高いが、「絆」も横張り性である。
↓咲き始め2~3日後位の「絆」
絆

↓開花後5~6日後に雨にあった時の「絆」の様子。この後1週間近く花が保った。
絆


我々「バ組」のような者は、細かい気遣いの必要な手入れは苦手である。ほっといても咲く!ようなバラが好きだ。(何もしないでも咲くようなバラはないだろうけど....)いくら花がきれいでも、病気ばかりして良い花が咲かなかったりするバラは、結局楽しめずにいやになってしまう。この3本のバラのように、雨が降ろうがずーっときれいに咲いてくれるバラが、大好きだ。

コメント


認証コード1655

コメントは管理者の承認後に表示されます。