秋来たりて...バラ咲けり

栗



昨日、知人から「秋らしいでしょう!」とイガグリをいただいた。

イガの中に、ピカピカ光る栗が丸々として入っている。

取り出してみようか...とも思ったが、このまましばらくは秋を楽しもうと玄関先に置いておいた。

頂いた時は、きれいな緑色のイガだったが、今朝はもうすでにイガは茶色に変化しつつある。

秋もこの速さで深まって行くのだろうか....

昼間はともかく、日に日に朝夕は寒いと感じるほどになってきた。




この時期も、毎朝鉢植えのバラに水やりをしているが、今朝は久しぶりにバラの写真を撮った。
今年の夏は雨ばかりで、手入れが行き届かなかったこともあって、写真を撮る気にもならないほどの有様だったが、それでもやはり「秋」が来れば、バラはぽつぽつと咲いてくれるのだ。
今年のバラリストにもまだ挙げていないバラもあるが、とりあえずざっと紹介することにしよう。

セシル・ドゥ・ボーランジェ

今年は、春からいっこうにきれいな花を咲かせてくれず、「きれいに咲いたら撮ってやろう」と思いながら、結局秋になってしまった。今日の花は今年では一番ましな方だと思う。
独特の、手でかんきつ類をざっくり剥いた時のような形の花形になっている。

セシルドゥボーランジェ

ホワイト・メイディランド

病気に強い「ホワイト・メイディランド」だが、今年の長雨はさすがに堪えたらしく、このバラにも黒点病が出た。しかし、それでもこの時期にはやっぱりきれいに咲いてくれる....本当に優秀なバラだ。今はまだ花数は少ないし、夏剪定が遅すぎたせいもあるが、10月中旬以降にはまた咲いてくれるのでは...と期待している。

ホワイトメイディランド

みさき

「みさき」も、今年はいつもよりひどく黒点病にやられた。今日の花も、さほど美しくはないが、 頑張って咲こうとしている。

みさき

ホワイト・ロマンチカ

毎年、「ホワイト・ロマンチカ」は春よりも秋の方が良い花が咲くような気がする。春は、ぎっしり巻いた花びらが開ききらず、花保ちが良すぎて雨に打たれて腐ってしまうことが多いのだが....。
秋は、白と言うよりアイボリーからクリームイエローくらいの花色になって、しっかり咲いてくれることが多い。「アンティークタッチのバラ」と言われるバラの1つで、切り花用のバラだ。

ホワイトロマンチカ

スパニッシュ・ダンサー

ずいぶん前からあるのにこの前やっと「2014バラリスト」にあげた「スパニッシュ・ダンサー」。
これも黒点病だらけだったので、葉をほとんどむしっておいたら、さっさと咲き始めた。

スパニッシュダンサー

ミミエデン

かわいくて美しいミミエデンだが「美しく咲く」とは限らない。私たち「バ組」の力量では、「いつも美しく咲かせられる」というわけにはいかないバラだ。そういうバラが我が家にはいくつもあるが、その1つだ。今日の花は、幾分ましだろう。

ミミエデン1

その他

「その他」...と言われてしまったちょっとかわいそうなバラ達....
それなりに咲いております....

上/バーガンディ・アイスバーグ

下左/ストロベリー・アイス    下右/シュネー・プリンセス(ホワイトマザーズディ)

その他










コメント


認証コード6015

コメントは管理者の承認後に表示されます。