ニュー・ドーン

っ....ということで、パーゴラの写真を撮りつつ、パーゴラの主(ぬし)となる予定のバラ
「ニュー・ド-ン」の様子を見て頂こう。今日掃除後の様子だ。

以前の古いパーゴラの上まで覆っていたニュー・ドーンだが、庭工事で掘り上げ→再度の植付けをしたせいか、このアイアンパーゴラになって早2年目だが、まだ上まで届かない。しかし花付きはすばらしく、花も美しい。このパーゴラの曲線美とも相まって、お互いを良く引き立てていると思う。

ニュードーン

これは、庭の内側から見た様子。すぐ側に「シャラノキ」があってやさしい木陰ができ、昼の強い陽射しや西日から守ってくれているので、薄いピンクの花色も日焼けがない。

ニュードーン1

凶器と言えるほどのトゲを持ち、樹勢が強く四方に枝を伸ばすイバラのようなバラだが、その姿とは裏腹のとても柔らかなイメージの花を付ける。もちろん耐病性のある「とても強い」バラだ。

ニュードーン2

コメント


認証コード1271

コメントは管理者の承認後に表示されます。