アブラハム・ダービー

先週末金・土の2日間に渡り「One Day Lesson」を行い、無事終了することができたが、初めてのメニューでもあり、また当初の予想より所要時間が大幅に狂ったことも手伝って、気を遣わない私が、気を遣ったのだろう....とても疲れて、日曜日は午後からたっぷり昼寝をしてしまった。
しかし「寝ておる場合ではないですぞ!」と、庭掃除が呼んでいる。昨日の夕方は夫と、今朝は娘と、花柄剪りに追われた。今週末の「Open Garden」まで、バラたちにはなんとか保って欲しいところだ。かなり剪ったが、まだ頑張って咲いてくれている「アブラハム・ダービー」をUPしよう。

アブラハム・ダービー

実は、この写真は5月11日のもの。蕾がたくさんついて、今年も元気いっぱいの「アブラハム・ダービー」。今はこの蕾の7割方が咲いてしまっている。大型のシュラブだが、かなり強剪定して自然樹形で咲かせている。もちろん地植えだ。

アブラハム・ダービー

花が大きいので、蕾もがっちりしている。葉は丸く大きな照葉で、強健種と言われるバラらしい葉をしている。咲き始めは深いカップ咲きで、次第にロゼット咲きになる。

アブラハム・ダービー1

薄桃色+オレンジ色+アプリコット、みたいな複雑な色になるが、最後は退色してサーモンピンクのような色になる。花もちはわりと良い。香りも強く、四季咲き性が強いので、長く楽しめるバラだ。

アブラハム・ダービー2

コメント


認証コード1192

コメントは管理者の承認後に表示されます。