ウィンチェスター・キャシードラル#2

連休中は、4日連続で庭仕事だったので少々疲れたが、オープンガーデンの用意も少しづつ整ってきた。.....と言っても、格別何かをしたわけではなく、バラは勝手に咲いているので、雑草取りや掃除花柄切りや名札の書き換えなんぞだ。
我が家の庭は、考えて見ればオープンガーデンをするほどの庭でもない。何もかもが単なる「好み」で、適当にやった結果なのだから。では何故に「オープンガーデン」をするのか、元はと言えば、 毎年5月にパーチメントクラフトの体験会(今年は One Day Lesson)を開催するついでだった。
でも、お花好き・バラ好きの方は、うちのような庭でもそれなりに楽しんで下さるので、ありがたいことだ。毎年来て下さる方もおられるので、少しづつでも変化をつけているつもりだ。

もう、たくさんのバラが開花している。これは5月3日に撮った「ウィンチェスター・キャシードラル」だ。

ウィンチェスター・キャシードラル

門扉の横の植え込みに植えてある(地植え)ウィンチェスター・キャシードラル。今年は隣の「トネリコ」に誘引している。この時点でまだ4分咲き程度だったが、今日はほぼ満開になっている。

ウィンチェスターキャシドラル

葉は、乾いたようなあまり光沢のない葉だ。カサカサした感じの葉である。
花は白だが、蕾の時は外側にピンクが入る。

ウィンチェスターキャシードラル1

開いていくに従って、少しアイボリーに近い白花になる。カップアンドソーサーの形が見える。

ウィンチェスターキャシードラル2

「メアリー・ローズ」枝変わりで、花色以外の性質はメアリー・ローズと全く同じだそうだ。
私はメアリー・ローズのピンク色よりこちらの方が好きだ。

ウィンチェスターキャシードラル3

コメント


認証コード0952

コメントは管理者の承認後に表示されます。