モールドと紙粘土で作る/バラ

日々バラが咲き進んでいて気になるが、私には、他にも気になることだってけっこうある。
その1つがこれだ。 だいぶ前から気になっていて、それをやってみるためのツールを、少しづつ見つけては買い集めていたがやっと最近揃ってきた。数日前少し時間ができた時に、「みようみまね」でまたちょっくらやってみるか!と手作りしてみることにした。今回は、全くの実験レベルで、どうなるのか自分でもよく分からずにやってみた。←いつもそうじゃん!
モールドと紙粘土で作る「バラ」だ。

1日目/型どり

材料と用具は、バラの型を取るための「モールド」と紙粘土。モールドは「WOW!/Tea Rose」手頃なものがこれしかなかったのだ。本当はアンティークな「鍵」とかが作りたいのだけど...。
このモールドは、本来はメルトアート用のエンボスパウダーを流し込むのに使うのだが、パウダーが品切れ中だったので、それこそ随分前に100均で買った「かる~いかみねんど」を使うことにした。
正直、この紙粘土も初めて使うので、取り出してから「へ~ぇこんな物なのか!」と思いつつ使った。「よくこねてください。」とひらがなで書いてある。触った感じは、マシュマロのようだ。
手の中でよくこねて、モールドにむにゅ~と入れる。隙間がないように入っているかな....?

材料


しっかり粘土を入れ込んだら......、もう出していいと....??? 疑問がよぎるが、よかろ!
だめならまたやり直せばいいので、出す! 出た~! 大丈夫のようだ。わりときれい。
花だけでなく葉も付いたデザインだ。下に見えるはみ出しの「バリ」はとりあえず今取っておいた。
この紙粘土、聞くところによると完全に乾くまで2日位かかるという情報もあるので、このまま放置する!ここまでの所要時間:5分?(実質の作業時間は1分もかからないだろう。)

型どり

2日目/待機

1日待ったが、バラの表面は上にしていたので乾いているが、下にしていた裏の部分は少し膨らんだようになっていてかすかに湿っている感じがする。(画像なし!)やはりまる2日は置かないといけないようだ。今度は裏を上にして放置した。

3日目/色づけ

完全に乾いたようだが、それにしても軽い。固まっているがそれなりに柔らかい。発砲スチロールで出来たような仕上がりだ。色をつけられるので、とりあえずなんか塗ってみることにする。
乾くと耐水性があるアクリル絵の具がいいだろう。....と言っても、手元にあるのは数色だけなので色はあり合わせになってしまった。何でこんな色にした!と言わないで欲しい....実験なのだから!
花はパールの入ったシークインスブルー、葉はフォレストグリーン+ライムの混色。
絵の具は紙粘土に染みこむ感じだったので、乾くのが待ちきれず「エンボスヒーター」で乾かした。

色づけ

一旦完成



とりあえず、こんな感じに仕上がった。
あまり美しくない....。

しかし、これで完成ではない。
私がずっとやりたかったのはこれから
なのである。

このような、モールドで作った物をベースにして、これを「金属のように見せたい」というのが、私のもくろみなのだ。

金属でないもの/木・紙・粘土、etc を金属のように見せることができるツールは色々ある。これを是非使ってみたかったのだ!

私が使うのは「Rub'n Buff/ラブ&バフ」という塗料のような特殊なワックスだ。やはりアートクレイなどに使うものらしい。1年以上前にやっと見つけて買ったきりちゃんと使ったことがなかった。
もうひとつは、いろいろな物にパール仕上げやメタリック仕上げができる「Jacquard Pearl Ex Powdered Pigments /ジャカードパールピグメント」だ。必要ならこれも使おうと思っている。

色づけ2

....で、よく分からないまま、手で塗りつけている画像を信じ指に出してみると、長いこと放置していたせいかチューブの中で分離していたらしく、溶剤がどっと出てきた。ふたを開ける前に、チューブを良くもみほぐした方が良いようだ。とりあえず固形部分も出てきたので、塗りつけてみる。
部分的に塗るつもりが、溶剤が多かったせいか全体にべっとり広がってしまい、結局全部ゴールドになってしまった。ツヤが出るまで良くこするのだが、下地が柔らかいのでそれなりでよろしかろう。しかし出来映えは、あまりよろしくない。....が、金属にはまあ見える....。

アンティーク仕上げ

最初はもう少し、下地の色が見えつつ花びらの縁にゴールドが....というイメージだったので、ダメ元でパールピグメントも使ってみることにする。単に、どうなるかを見たかった-と言うのが本音ではあるが....。ゴールドをを使うべきか迷ったが、下地の色に近いブルーにしてみることにした。
これは、粉である。

グリッター

もしかしたら水で溶いて塗ったりもできるのかも知れないが、とりあえず粉のまま塗りつけてみる。
ブルーがラブ&バフのゴールドと重なって、シルバーみたいになってしまった....!!!
成功なのか失敗なのかよくわからん状態だが、とりあえずこれで完成!
色づけ等の正味の所要時間:15分程度

完成2

今回の実験で、モールドで象った紙粘土も、それなりに金属のように見せることが出来るということだけはわかった。美しいかどうかは疑問だが....
私としては、これを紙粘土ではなく「メルト・アート」でやってみたいというのが本当のところだ。
最後になったが、これが3日間で使ったツールと材料の全てだ。

画像の説明

コメント

  • 先生の実験シリーズ、すごく興味があって読んでいて面白いです!
    なんでも試してやってみるところがいいですね~!
    私もこういうパウダー持ってるなぁ・・・と思いだしました^^;
    パーチとコラボされるのでしょうか!?その後も楽しみです♪


  • おはずかしい...です

    なんでもかんでも「みようみまね」でやっているので、ちゃんとやっておられる方
    が見たら、なんじゃこりゃ!という感じなのではないか、と思いつつ....
    どうせそんな人は見ないからいいや-という思いもあり、はずかしげもなくブログに
    載せています(×_×;) 
    みんな、こういうの見て 「.....!」 ^^;;; ←あきれ顔  なんでしょうね~!
    でも、先生だけが「反応」して下さるので、ちょっと励みになります。 ありがとうございます!

    ところで、バラ咲き出しましたよ....また来られます?お忙しいようですが....


  • 突然のコメント失礼いたします!
    同じようなバラのモールドを探しているのですが、どこで手に入るのか教えていただけませんか?


  • Re: Meg 様

    >>3
    コメントありがとうございます。
    こちらのショップで売っていますよ~!
    商品カテゴリーの「Wow!」の所にあります。
    在庫があるかどうかわかりませんが、見てみてください。
    入手出来るといいですね。

    http://www.little-angel.jp/



認証コード8626

コメントは管理者の承認後に表示されます。