ディスタント・ドラムス

バラが思いのほか早く咲き始めている....。去年は、咲いた順にしつつも、気に入ったバラを優先してリストアップしていったので、一つ一つを取り上げられなかった。今年は出来るだけ1つづつ紹介していこうと思う(今は....^^;)。今日は、長年玄関で咲いている「ディスタント・ドラムス」だ。

ディスタント・ドラムス

我が家の「ディスタント・ドラムス」は鉢植えで、玄関の外の入り口に置くようになってもう随分になる。特別気に入ったバラ-と言うわけではないが、オールマイティで、よく咲くし、花色が非常に個性的で病気にも強い。
「ディスタント・ドラムス/Distant Drums」は「遠くで太鼓の音が聞こえる....」みたいな意味の名前なので、私はどうしても「アレグリア」のような幻想的なサーカスをイメージしてしまう。花色はそんなイメージをさらに膨らませてくれるような美しさだ。しかし葉は、照葉のようなそうでないような、美しいような美しくないような.....丸みを帯びた葉である。

ディスタントドラムス

蕾は縦長で、少し黒みを帯びたような赤だが、開いてくると中は黄味を帯びた色になっているのが見えてくる。

ディスタントドラムス1

花形の変化と共に花色も変わる。咲き始めは外側の花びらはピンクで、中央に向かって黄色が強くなっていき、それが金色のように見えることもある。咲き進むほどに全体の色味は退色してゆき、全体に薄いピンクになる。

ディスタントドラムス2

最後はこのようになるが、それまで保って2~3日というところだろう。こうなる前に、剪ろう。

ディスタントドラムス3

コメント


認証コード4439

コメントは管理者の承認後に表示されます。