2014-バ組の冬仕事/7日目

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

夫の冬休みも残すところあと2日になった。今日・明日で、何とか剪定・誘引を終わらせたいと思っているのだが、どうなることやら....。
そう言えば、自分でブログを見て思ったのだが、私と夫で庭仕事を一緒にやっているのだが、写真を撮るのは私なので、作業の様子は夫しか写らない。なので、夫だけが作業をしているようにしか見えないのだ。確かに、私は「指図棒(緑色の支柱)」を持って「ココ剪って!」と言うだけの時もままあるが、大抵は一緒に土を作ったり、鉢を動かしたり、ほうきで落葉を掃わいたりしているのだ。
しかし毎年同じように二人でやっているにもかかわらず、今年は去年よりも作業が遅い気がする。
寄る年波には勝てない-と言うが、じわじわとその影響が出ているように思う。その証拠に、日を重ねるごとに連日の作業の疲れとめんどくささも手伝って、写真の枚数が減っているのがわかる。

今日撮った貴重な?写真を見てみよう。
これは去年の庭工事後、地植えにしてもらえなかった「スピリット・オブ・フリーダム」の鉢替えと誘引。1年過ごしたプラ鉢から抜いて、新しい用土と鉢に植え替えた。

スピリット・オブ・フリーダム


「パット・オースチン」は土替えをして、同じ所にまた誘引した。

パット・オースチン


その他、鉢替え・土替え作業をした鉢植え。
左/ヘリテージ....数年前にテッポウムシにやられて瀕死状態だったが持ち直した。
中央/チャールズ・ダーウィン....新しいシュートが殆ど出ないので、少し小さい鉢に替えてみた。
右/スノー・グース....とても気に入ったバラなので、2株目として昨年購入したもの。
※この他に、鉢植えのジェーン・オースチンもあったのだが、写真を撮り忘れている....

鉢植3


最後に、超大物「ニュー・ドーン」の剪定・誘引を行った。まだ、1輪花が咲いていた。
非常に強健種なのだが、昨年の掘り上げで今年は伸びきれなかった。

ニュー・ドーン

オリジナルのアイアンパーゴラを独り占めする予定のバラなのに、まだ片袖に巻き付いた程度だ。
今年こそは、パーゴラの上まで伸びていって欲しいと願っている。

ニュー・ドーン1

庭の外から見た、アイアンパーゴラとニュー・ドーン。残念ながら、と言うべきか....、ニュー・
ドーンがこの調子なので、今年もパーゴラの美しい全体像を鑑賞できそうだ。

コメント


認証コード8326

コメントは管理者の承認後に表示されます。