くるカラの庭

ずっと暑い日が続いて、庭にも出たくない(暑くて蚊もいるし!)、写真も撮りたくない(庭が荒れているから....)、....だあ゛~っ!庭仕事は何もしたくない!....という日々が延々続きそうだったが、やっと今日、この窮地を脱することができた。待ちに待った「くるカラ」が届いたからだ。

今年の3月初旬に注文し、やっと今日届いたのだ。「発送します」というメールはもらっていたが、平日に届いても夫がいないと作業も出来ないし....と思っていたら、ちょうど日曜日の今日届いて、ラッキー! 「くるカラの庭」をつくる前に、とにかく庭掃除にとりかかった!

グラミスキャッスル
真夏のバラ

今年は、ほとんどのバラが春に旺盛な成長と花付きだったせいか枝数や葉が非常に多く付いている。そのため、この暑さで生理的落葉が激しいようだ。葉が多すぎて、蒸散を減らすためだと思うが下葉が真っ黄色になって落ちるのだ。たくさんの株がそうなっていたので、全部下葉を落としてやって....すっきり!

これは、グラミスキャッスル。

私が下葉を落として掃除している間に、夫は草取り。

この暑さの中でも、なぜか元気なバラたちもいて、思わず、パチリ。
左/ミミ・エデン
  とても病気になりやすいはずだが、
  なぜか真夏の日照りにはこんな風に
  よく咲くようだ。
中央/スパニッシュ・ダンサー
右/ラ・マリエ
「完全四季咲き」はダテではなかった。
 とにかくよく咲く。たぶん我が家の
 バラの中で一番良く咲くバラの一つ
 だろう。

さ~て! 庭が綺麗になったところで、「くるカラ」敷きにとりかかろう!

「くるカラ」は、コーヒー豆の袋(麻袋)に入って届いた。中を開けてみると....、さらに米袋のような分厚い袋が....、中には「くるカラ」が....!! これは、くるみの殻「鬼ナチュラル」という種類である。庭にジャリではなく、くるみの殻を敷きつめるのだ!

「くるカラネット」はこちら → http://kurukara.net/

くるカラ

くるカラを敷く1
くるカラを敷く2

注文した「くるカラ」で、どれくらいの範囲をカバーできるのかよく分からなかったので、とりあえず「まあいいか」で敷いてみることにした。

土の上に直接敷くよりも、少しジャリがあった方が良いのではないかと思い、少し整地して薄くジャリを敷いてから、くるカラを敷きつめてみた。

ジャリが敷いてあると、庭の雰囲気は殺風景だが、くるみの自然な味わいはとてもあたたかみがある。

ネットで見つけて一目惚れして注文したのだが、やはり予想通り大正解だった!

ただ、72L分注文したのだが、ちょっと足りなかった!
コンサバトリーの入り口の前にも敷きたいので、さらに追加注文しようと思う。

とってもすてきな、「くるみの庭」。
完成には今一歩!

次の分が到着するのは.....冬?!

くるカラの庭

コメント

  • きゃきゃきゃ(*^_^*)

    すごいステキですね!!
    今見て すぐ 即注文しました!

    ドイツの友達にも
    サイト紹介しました
    彼女はフェルトでいろいろ作るのすきなので
    参考になるかも!と思って!

    来週すごい楽しみです!
    寝不足で ちゃんと手元がしっかり
    みえるか心配ですが(*^_^*)


  • Re:

    >>1
    コメントに気づかず、日がずいぶん過ぎてしまいました。すみません(>_<)
    くるカラ、いいでしょう! 届くまでだいぶ期間がありますが、楽しみもひとしおです。
    「このか」のどこに敷くのか、楽しみです!




認証コード4937

コメントは管理者の承認後に表示されます。