下向きの花

先週あたりから、ずっと良いお天気が続いている。庭は、いろいろな花がひっそりと咲き始めている。我が家の庭に咲くこの時期の花は、静かであまり主張せず、なぜか下向きのものが多い。

バイモユリ

いつ植えたかも覚えていないほど相当前(バラを始めるよりも前)に、よくわからずに植えた「バイモユリ」。駐車場横の花壇に植えたままずっと放置していたので、他の植物に押されて一時は見かけなくなったと思ったが、近年良く咲くようになった。この時期に地面から生え出てきて花を付ける時だけ、存在を思い出す花だ。葉の先端がカールしているのが気に入っている。調べてみたら、半つる性の植物だそうだ。(今の今まで知らなかった!)花の色も薄緑色で美しい。完璧に下向きの花だ。

画像の説明

クリスマスローズ

我が家にあるクリスマスローズは、最近の高級品種などではなく、やーすい(安い)ものばかりだ。名前もわからないし、人にもらった苗から増えたものもある。安い→強いの典型みたいなクリスマスローズばかりだ。白とピンクと原種の3種類があり、毎年こぼれ種で増え続けている。
画像の説明
画像の説明
画像の説明

スノーフレーク(訂正/スノードロップではありませんでした)

たいていのお庭にもあるだろうと思う「スノーフレーク」。「下向きの花」という特集?でもしないかぎり、ほとんど取り上げられることもない花だが、よく見るとグリーンのドットが、かなりかわいい花だった!と改めて気づかされた。
※この花の名前、「スノードロップ」とばかり思っていたら、「スノーフレーク」の間違いでした!
画像の説明

ドウダンツツジ

今年も「ドウダンツツジ」が咲こうとしている。まだほんの一部が開花しているだけだが、数年前花芽が全滅したことがあったので、それを思うと今年も咲いてくれて良かったと思う。

画像の説明


下向きの花ばかりでなく、庭には上向きの花もある。これからぼちぼち写真を撮って、UPしていこうと思う。

コメント


認証コード5145

コメントは管理者の承認後に表示されます。